年間3万円。ロンドンの「旅のサブスクリプションサービス」

ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサブスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、年に3回までロンドンからヨーロッパ諸国に2泊3日の旅ができるそう。

希望するトラベススタイルを「brb」に伝えれば、その人にあった旅のアイテナリーを決めてくれて、飛行機や宿泊施設などの予約をしてくれます。日程を1ヵ月前に知らされるのが難点ですが、値段を考えれば、かなりおトクですよね。

しかも、旅行を終える時に次のプランまで手配してくれるのだとか。「すぐ戻るよ!」という意味を持つ名前にふさわしいサービスです。

日本でもこんなサービスあったらいいのにー!!

Top image: © iStock.com/martin-dm
他の記事を見る
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
大気汚染対策のためロンドン市内に設けられた超低排出ゾーン(ULEZ)。これにより注目されているのが「Bikes for Business」。ロンドン交通局...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(Twitterのアカウント名)。募集した人からのメ...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...