ヨーロッパで絶対に使いたい「旅アプリ」

2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。

すでに約5万種類のフライトプランが選べて、ヨーロッパのミレニアル世代がよく利用している。今までになかった方法で国境を越えられるのが、人気を集めている理由の1つらしい。

プライベートジェット機を
チャーターした気分に

© Wingly

サービスを利用するには、飛行計画をアップロードしているパイロットにユーザーが申し込みをするだけとなっている。飛行代はあとで自動決算される。

ロンドンの上空を1時間飛び回るなどの観光用フライトもあり、旅先でのアクティビティーの幅が広がるだろう。

だけど、本当に注目したいのはユニークな経験をしながら国境を越えられるというポイントだ。

例えば、パリからニュルンベルクへ、チューリッヒからザルツブルグへというフライトプランが選べる。

もしも目的地と時間さえマッチすれば、プライベートジェットを持っているセレブになった気分で移動できることになる。しかも、パイロットが所有している飛行機に乗り込むカタチなので、価格は割安だ。

日本で流行る可能性は……?

© Wingly

「Wingly」のサービスは日本でも需要がありそうだけど、少し現実的ではないかもしれない。

多くのヨーロッパの国々が検査の必要なく越境を許すシェンゲン協定に参加しているからこそ、ユーザーにとってメリットのあるサービスになっているのが予想できる。もちろん日本国内で使えるようになる可能性もあるにはあるのだが……。

ちなみに、安全面に関して心配のある人もいるかもしれないけど、「Wingly」は無料保険を提供したり、パイロットの飛行管理もしたりしている。

飛行機だから他の交通手段に比べて高い危険性が伴うが、個人的には一度は利用してみたいサービスだ。

Licensed material used with permission by Wingly
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
「Eightydays.me」をダウンロードしたら使い方は簡単。6都市までの目的地を入力したら、飛行機と電車、バス、フェリーの4つの交通機関から、各都市を...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。