Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!

世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、もちろんクレジットカードもない状況での過酷なレース、それが「Red Bull Can You Make It」です。

レッドブルと物々交換で
ゴールを目指す所持金ゼロの旅

Photo by Olaf Pignataro/Red Bull Content Pool
Photo by Maxime David / Red Bull Content Pool

2014年からスタートした、エナジードリンク「レッドブル」が主宰するこのプロジェクト。お金を一切持たない状況で、手持ちのレッドブル24本を物々交換しながら旅をしていくトラベルアドベンチャー。ヨーロッパの5都市(エジンバラ、バルセロナ、フィレンツェ、プラハ、ベルリン)から同時スタートし、欧州各地に設置されたチェックポイントを、最低6カ所クリアして、ゴールを目指していくというもの。ちなみに、最終目的地は、2月初旬の時点でまだ明かされていません。

ポイントは交渉術にアリ

Photo by Neil Emmerson / Red Bull Content Pool

移動、食事、宿泊に使うお金の代わりとなるのがレッドブル。このエナジードリンクを通貨として、物々交換することでしか道は切り開かれません。
移動手段はヒッチハイクが基本。レッドブル1本でどこまで走ってくれるんでしょう?

もちろん、日々のごはんもドリンクと交換です。これに応じてくれるレストランもスゴい。求められるのは、知性やサバイバル能力よりも交渉術かもしれませんね。

勝敗の分かれ道は
「いいね!」の数

たとえば、ほかのチームが車で移動するなか、セスナ機を飛ばしてもらうなんてことも、夢ではないかも!?

2015年に行われた同レースでの「アドベンチャー」のひとつ。パラグライダー体験なんて、いかにもレッドブルらしいアクティビティですよね。

そう、実はこのイベント、どれだけ早くゴールできたかを競うものではなく、旅行中のアドベンチャー体験が大きな審査対象。奇想天外なアイデアや得難い感動体験を、参加者はアドベンチャー中にSNSにどんどん投稿していきます。そこで獲得した「いいね!」の数も審査対象なんだとか。

なかには、こんなツワモノも!?

日本からも参加可能!
3チーム(9人)を募集中

Photo by Dirk Mathesius/Red Bull Content Pool
Photo by Dirk Mathesius/Red Bull Content Pool

そして、ついにゴール!

お金をかけなくても旅はできる。そのことを証明する「Red Bull Can You Make It 2016」は、4月12日(火)〜19日(火)を予定してます。日本からも3チーム合計9人がエントリー可能。現在、こちらのサイトから応募受付中(2月15日まで)。ただし、学生であることが絶対条件。これは、最高の思い出になる!

Top Photo by Olaf Pignataro/Red Bull Content Pool
Licensed material used with permission by Red Bull Media House
マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚...
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった。様々なイベントが開催され、かつては毎週...
「RED WING」の普及の名作「ポストマン・オックスフォード」に圧倒的進化を遂げたニューモデルが追加。ランニング(内側)にGORE-TEX素材を採用した...
立命館大学×順天堂大学×東京藝術大学COI拠点の三者が共同開発したウェブアプリ「Biosignal Art(バイオシグナル・アート)」。「人間のカラダの構...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
11月19日〜25日、60ヶ国450ヵ所のB&Bで実施されるサービスの紹介です。「Barter Week」と呼ばれていて、旅人たちは物々交換をすることで部...
スケーターにとっては夢の家?一般的な家で試すには色々と問題がありそうですが、家の中がスケボーパークになってる動画が登場!滑っている男性にも注目です。Lic...
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
「Red Heart」というアメリカの毛糸ブランドが開発した新製品「Heat Wave」が、数年後に世界中で愛用されそうなくらい便利だ。
イタリアのデザイナーによる指輪「Teti」が「kickstarter」に登場。指輪のうえに、NY、ロンドン、ローマの街並みが再現されており、お気に入りの街...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
6月2日、デザイン事務所「KIGI」の渡邉良重氏と「株式会社ほぼ日」によるレディースブランド「CACUMA」から、初のメンズブランド「CACUMA U」が...
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
ヒューストンにあるアイスクリームショップ「Red Circle Ice Cream」から誕生したのは、ザリガニ味のアイスクリーム!ザリガニが“トッピング”...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
「マツダ」が、バーチャルレースカー「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」をオンライン提供中。PS4用ゲーム『グランツーリスモSPORT...
撮影したのはカナダのフォトグラファー「Red Méthot」氏。Yahoo Parentingに掲載されたコメントによれば、自身の2人の子供も未熟児として...
賞金は300ドルと、年間パスポート2枚、パーク内で利用できるチケット、そして使用した棺桶です。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...