ヨーロッパのハイパーループは、「駅」から暮らしを変えてくれそう!

都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍している建築設計事務所UNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパーループの駅”のコンセプトを発表しました。

アメリカのような渋滞を緩和するためのハイパーループと異なり、ヨーロッパでは人々の交流を深められるという点に着目。背景には、高速で移動できることによって働き方や生き方も変わってくるだろう、という考えがあります。

だから、駅のコンセプトは今までの概念を超えるものに。

ビジネスパーソンたちのために会議室が併設されて、子どもたちが遊びまわれる公園も設置予定。移動のために足を運ぶだけでなく、たくさんの人の生活に欠かせない駅になるってことですね。

Top image: © UNStudio
他の記事を見る
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
約6年間にわたり修復工事を行なっていた、福岡県北九州市の門司港駅がリニューアルオープン。大正時代にタイムスリップしたような気分でひと休みできる、レストラン...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
新たな観光スポットとして要チェックです。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。