ヨーロッパのハイパーループは、「駅」から暮らしを変えてくれそう!

都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍している建築設計事務所UNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパーループの駅”のコンセプトを発表しました。

アメリカのような渋滞を緩和するためのハイパーループと異なり、ヨーロッパでは人々の交流を深められるという点に着目。背景には、高速で移動できることによって働き方や生き方も変わってくるだろう、という考えがあります。

だから、駅のコンセプトは今までの概念を超えるものに。

ビジネスパーソンたちのために会議室が併設されて、子どもたちが遊びまわれる公園も設置予定。移動のために足を運ぶだけでなく、たくさんの人の生活に欠かせない駅になるってことですね。

Top image: © UNStudio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Whooshh Innovations」が発明した「Whooshh Passage Portal」は、魚たちがダムなどを乗り越えるのを手助けをしてくれる...
アメリカの輸送技術会社「ヴァージン・ハイパーループ」が、開発中の高速輸送機のコンセプト動画を公開。ユーザーが駅に到着してから、ハイパーループに乗り込み、目...
イーロンマスク氏発表の次世代高速移動技術「ハイパーループ」。そもそもどういうもの?どんなメリットがあるの?実現可能性は?などといった疑問にお答えします。
11月8日、リチャード・ブランソンが率いるヴァージングループ傘下の「ヴァージン・ハイパーループ」が、米・ネバダ州の砂漠にある実験施設「DevLoop」にて...
地方創生事業「TripBase道の駅プロジェクト」が、地域の知られざる魅力を渡り歩く新しい旅のスタイル広める「TRIP BASE STYLEアンバサダー」...
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
“道端の雑草の名前をチョークで紹介する”というフランス発のムーブメントは、口コミやソーシャルメディアを介しヨーロッパ全土に広がっている。
クラフトビールのサブスク「オトモニ」がヨーロッパ中のクラフトビールを楽しみながら海外旅行気分が味わえる「ビアトリップセット~ヨーロッパ編~」を発売。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
「Clubhouse」が、ついにアンドロイド版をローンチ!まずはアメリカから始まり、それに続いて英語圏の国々、そしてほかのエリアへと徐々に拡大していく予定...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
東京、JR中央線の国立駅の改札窓口では、「少量しかつくれないもの」や「商品にストーリーがあるもの」など、ここでしか手に入らない逸品を、駅社員が販売するとい...
東京駅にて、まだ食べられる食品を駅の従業員向けに販売する「レスキューデリ」の実証実験が開始された。この取り組みで、新たなエコシステムの構築を目指すという。
両国駅「幻の3番ホーム」を会場に2020年1月9日〜12日の4日間、「おでんと熱燗ステーション」が開催されます。
約6年間にわたり修復工事を行なっていた、福岡県北九州市の門司港駅がリニューアルオープン。大正時代にタイムスリップしたような気分でひと休みできる、レストラン...
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
「クックパッド」が運営する生鮮食品ECサービス「クックパッドマート」は受け取り場所である「マートステーション」を東京メトロの大手町駅構内に設置した。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
スペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」が手がけるベーカリーブランド「Oquinho(オキーニョ)」のポップアップストアが、11月6日(金)、池袋駅の西...
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
伝説や歴史の舞台となった王侯や愛妃たちが暮らしたヨーロッパの城・宮殿のヴィジュアルガイドブック『絵本のようにめくる 城と宮殿の物語』が発売中。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。