ヨーロッパのハイパーループは、「駅」から暮らしを変えてくれそう!

都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍している建築設計事務所UNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパーループの駅”のコンセプトを発表しました。

アメリカのような渋滞を緩和するためのハイパーループと異なり、ヨーロッパでは人々の交流を深められるという点に着目。背景には、高速で移動できることによって働き方や生き方も変わってくるだろう、という考えがあります。

だから、駅のコンセプトは今までの概念を超えるものに。

ビジネスパーソンたちのために会議室が併設されて、子どもたちが遊びまわれる公園も設置予定。移動のために足を運ぶだけでなく、たくさんの人の生活に欠かせない駅になるってことですね。

Top image: © UNStudio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。