観光するなら
「アムステルダムの人と結婚せよ!」

キレイな景色を写真に収めるよりも、「地元の人と触れ合い、そこでしかできない体験をしたい!」そんなトラベラーにオススメな、アムステルダムの旅企画がスタートしました。

その名も「Marry an Amsterdammer(アムステルダムの人と結婚せよ)」……名前からして気になりますよね。

これ、どういうことかというと、地元の人と指輪交換含むウェディングセレモニーを行い(もちろん形だけ)、その後“ハネムーン”のため1日かけて一緒に市内観光をするというもの。その日パートナーとなったアムステルダムの人の手引きで、普段はあまり人気がないけれど、地元だからこそのイチオシスポットなどに連れて行ってもらえます。

観光客にメインスポットを回るだけじゃわからない街のよさをちゃんと知ってもらおうというもので、「Untourist Guide Amsterdam」という団体により発足されました。こんなユニークな旅企画だったら、一度は体験してみたいかも!

Reference: The Guardian
Top image: © iStock.com/SolStock
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
旅行代理店「Kraken Travel」と北朝鮮やチャド共和国などへ行く珍しいツアーを企画する「Lupine Travel」がパートナーシップを組み誕生し...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...