アムステル川が「光のオブジェ」でいっぱいに!

2018年で7回目の開催となる「Amsterdam Light Festival(アムステルダムライトフェスティバル)」。アムステル川沿いを中心に街のいたるところで、光のオブジェが展示されます。

歩き回るだけでもワクワクしそうなのですが、ちょっと気になったのはクルーズツアー。屋根で囲われた船で寒さも気にせず、暖められた場所から鑑賞できます。

また、2018年より、クルーズツアー中に見えるアートに合わせた演出も始まったとのこと!ヘッドホンを付けながら、目でも耳でもアムステルダムライトフェスティバルを最大限に楽しめるよう工夫されています。

フェスティバルはすでに始まっていますが、新年1月20日まで開催まだまだ参加は可能です。

Spider on the Bridge - Amsterdam Light Festival 2018 - ©Janus van den Eijnden
A.N.N. - Amsterdam Light Festival 2018 - ©Janus van den Eijnden
Absorbed by Light - Amsterdam Light Festival 2018 - ©Janus van den Eijnden
Night Vision - Amsterdam Light Festival 2018 - ©Janus van den Eijnden
Light a Wish - Amsterdam Light Festival 2018 - ©Janus van den Eijnden
Top image: O.T. 976 - Amsterdam Light Festival 2018 - © Janus van den Eijnden.jpg
他の記事を見る
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
アボカドサラダにトッピングされている様子は、とっても美味しそう!
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...