この「刑務所」だけは、人生で何度入ってもイイ

今から紹介する場所に、お子さんを連れていくのはあまりオススメできません。家族旅行ではなく、友達や恋人と少人数でお楽しみください。

どうしてかって?お子さんにはきっと、まだ知ってほしくない世界だと思うので。

さて、「懲役」の始まりです

漆黒の壁に格子窓が並んでいるこのたたずまい、明らかに重そうな扉を前に、思わず生唾を飲んでしまいそうです。

アムステルダムにある「Het Arresthuis」は、2007年まで実際に使われていた刑務所を、ホテルに改装したというもの。オープンしたのは2013年。決して新しいわけでははないのだけれど、囚人気分を味わってみる夜も刺激的でいいでしょう?

中に足を踏み入れれば、直線上にずらっと並んだ無機質な扉。その生々しさに、なんだかものすごく悪いことをした気になってしまいそう。150あった牢屋は36の宿泊部屋に生まれ変わり、スイートルームは7部屋あるようです。

状況に応じて、
お部屋のジャッジを

もしも、一緒に泊まる相手に隠しごとがあるのなら、選んでほしいのはこのスイートルーム。その名も「裁判官」。真っ白に統一されたこの部屋の中では、心にやましさを抱えることは許されません。これを機に白状し、「判決」をおとなしく待ちましょう。

その他には、こんな部屋を選ぶことができます。さて、誰の力を1番借りたいですか?

スイートルーム:看守

スイートルーム:刑務所長

スイートルーム:弁護士

かつて囚人たちのレクリエーション部屋に使われていた場所は、今はデラックスルームに。

もちろんルームウェアは囚人服…と思いきや、バスローブしかないようなので、上下ボーダーのパジャマはお忘れなく。

「再犯」予定なら、
指紋提出がベターです

再び「囚人」になりそうなら、先に指紋を提出しておきましょう。そうすれば、牢屋手配の手続きも、前科の確認も簡単ですので。

さて、懲役何日をご希望ですか?

Licensed material used with permission by Het Arresthuis
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
アムステルダムから南へ電車で約1時間、ブレダーという街にその元刑務所を舞台とした「Prison Escape」があります。週末を中心に定期的に開催される脱...
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
縁結びで知られる「出雲大社」の古代の姿をARやVRで楽しめる「古代出雲大社高層神殿AR・VR」が制作され、無料の史跡観光アプリにて今月から公開中。
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
異質な広告会社「ConCreates」。スタッフは、刑務所に入ったことがある、もしくは現在入所中の人たちで構成されるという。PR動画には、「私たちがいうク...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」だ。
11月7日、アメリカ大統領選挙でジョー・バイデン前副大統領が当選確実だと伝えられ、次期副大統領になることが確実となったカマラ・ハリス上院議員が、デラウェア...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「Marry an Amsterdammer(アムステルダムの人と結婚せよ)」アムステルダムで始まった新しい旅の企画です。地元の人と指輪交換含むウェディン...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
旅には、人生が凝縮されています。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...