世界で一番モダンな刑務所

ホテル?美術館?

こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。

快適な生活を送るための
デザイン

こちらは、デンマークのファルスター島にあるStorstrøm Prison。建築に携わったのは、様々なプロジェクトを手がける建築会社C.F.Møllerだ。今回は、受刑者の社会復帰をバックアップするために、世界で最も人道的な刑務所を目指したとのこと。快適な生活を送るための工夫が随所に散りばめられている。

◼︎ワンルーム室内

まず、目を見張るのが、トイレとシャワーつきの広さ12.8㎡の個室。採光もしっかりと配慮されたワンルームは、デザイナーズマンションのような印象だ。モダン・テイストで統一された室内には、ベッド、机、ワードローブ、冷蔵庫、そして、テレビまで完備されている。

◼︎ワークアウトスペース

敷地内には、ジョギング・コースやサッカーグラウンドがある。また、バドミントンやバスケットボール、ハンドボールができるコート設備も。さらには、ジムやフィットネスルームまで揃っている。スポーツを通じて、受刑者同士の絆も強くなることだろう。

◼︎アートスペース

大きなジムホールには、著名なペインターであるJohn Koernerの大きな壁画が飾られている。また、屋外スペースには、アーテイストClaus Carstensenによる青銅の彫刻も展示。完成度の高いアートによって、まるで、美術館に紛れ込んでしまったかのような気になる。

◼︎共有スペース

建物内部には、十分な光を確保できていて明るい。天井からぶるさげられた照明は、空間のアクセントにもなっている。また、壁や床に採用されている色は、従来の刑務所とは真逆。規律よりも、リラックス感に重きをおいている。

驚いたのは、受刑者が自分自身で料理ができるキッチン。他の受刑者と交流しながら、一緒に料理することもできるのだとか。

現在、この刑務所に収容されているのは、250名の受刑者。快適さに加えて、彼らが、社会復帰をするための準備としてコミュニティづくりをも睨んだ設計には、大きな意義がある。改めて、人間は環境に影響される生き物ということを感じてしまった。

Licensed material used with permission by C.F. Møller Architects
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
アムステルダムから南へ電車で約1時間、ブレダーという街にその元刑務所を舞台とした「Prison Escape」があります。週末を中心に定期的に開催される脱...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。
街中に溢れる日常の些細な音が、オーケストラ団員により再現されている動画がおもしろい。楽器を使って再現される音は、リアルすぎて中毒性が高いんです!
服役している人は、統計的に見ると男性が圧倒的多数です。しかし貧困に苦しむ国では、女性の比率も多いと言われています。女性は男性以上に適切な教育を受けにくく、...
今から紹介する場所に、お子さんを連れていくのはあまりオススメできません。家族旅行ではなく、友達や恋人と少人数でお楽しみください。どうしてかって?お子さんに...
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
米国メイン州の刑務所に収容されている受刑者たち。彼らのポートレートを撮り続けているのは、フォトグラファーのTrent Bell。普段は、商業建築物の分野で...
偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てら...
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
子どもながらの発想力と、機転の利かせ方、そしてその行動力にあっぱれ。米テネシー州の保安事務所を訪れ、緊張した面持ちで写真に写る9歳の少年。目の前には、首か...