なぜ、インスタントラーメンがアメリカの刑務所で、「タバコ以上に価値ある通貨」とまで言われるようになったのか?

インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに登場してきた刑務所のイメージに、袋入りラーメンを重ね合わせることがどうしてできよう。が、これ現実の話。

ラーメンはタバコ以上に
貴重な食糧源

記事によれば、刑務所の経費削減方針にともない、現在所内で提供されている食事の質も量も低下傾向。その中で取引されるインスタントラーメンが貴重な生活必需品になっているんだそう。

「日々労働や運動の時間を課せられている受刑者たちにとって、エネルギー補給は死活問題です。ところが、食事の満足度が低下している。その点ラーメンは1食で効率良くカロリーが摂取できるうえ、今や全米どこでも簡単に手に入りますからね」。

とは、アリゾナ大学の社会学者マイケル・ギブソンライト博士のコメント。氏は刑務所内での受刑者たちの労働をテーマに研究を続け、これまでにおよそ60人の受刑者から聞き取り調査を行ってきた人物だ。

刑務所の中では
「ラーメンの袋」がすべてさ。

ギブソンライト博士の調査では、とくにインスタントのスープは高く評価されていて、すでに刑務所内でもタバコをしのぐ貴重な流通品としての位置付け。さらに、この動きは今や全米中へと広がり、インスタントラーメンの取引がある種トレンド化しつつあるというのだ。

彼の分析を裏付けるような受刑者たちのコメントを「MUNCHIES」が紹介する。Rogersという男性受刑者の本音に、最もそれがよく表れていた。

「何にしたって、刑務所の中では金がすべてさ。だけど、ここではそれがラーメンスープの袋なんだ。悲しいかな、それが現実なんだから仕方ない」。

民間委託以降、経費削減の
矢面に立たされたのが食事

日本のラーメン店が東海岸へと出店したことで、ここ数年ラーメンブームに沸くアメリカだが、インスタントはもう何十年も前から彼らの日常に浸透している。今回、意外な場所で勃発した“もうひとつのブーム”をギブソンライト博士は刑務所内の厳しい食事事情にある、と見ている。

刑務所内で提供されるラーメンがごちそうだったと「BBC」の取材に語るGustavo “Goose” Alvarezは、1990年代と2010年代に服役経験がある。その彼もこう言う、「90年代の食事はいい素材を使っていたろうし、まともだった」と。

年々受刑者が増え続けていたアメリカでは、刑務所の運営経費が高騰していた背景がある。抜本的な解決策として、多くの自治体が2008年ごろより段階的に、運営を民間委託し始めた。ところが、ここで経費削減の矢面に立たされたのが、日々の食事だ。

コストカットのあおりを受け、温かい食事は日に3回から2回へ。週末にいたっては1日2食。たしかに、これでは重労働や運動に体力を持たせる方が難しい。嗜好品であるタバコよりも、まずは生き延びるためのインスタントラーメン。それは、「塀の中」独特の思考なのかもしれない。

こうして、一番人気の交換物資であったタバコは、インスタントラーメンに取って代わった。

タバコ5本でラーメン1袋
スウェットシャツは2袋と交換

ところで、ギブソンライト博士が行った調査によると、インスタントラーメン自体の価格は、おおよそ59セント(約60円)ほどだが、所内ではその何倍ものレートで取引されているらしい。

以下、ふたたび「The Guardian」より抜粋。なお、()内は“シャバ”でのレート、見比べてみてほしい。ラーメンが引き金となるケンカは日常茶飯事で、殺人まで起きたこともあるという。

タバコ5本(2ドル)でラーメン1袋
スウェットシャツ(10.81ドル)は2袋と交換

あのインスタントの袋が、価値ある物資として取引される塀の中の世界。我々の想像する以上に、アメリカの受刑者たちの懐具合(ここでは胃袋の意味も込め)は、ひっ迫している証拠なのかもしれない。

関連する記事

紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
動物性エキス、化学調味料、アルコールを一切使わずに、ラーメンらしさ溢れるコクと旨味を実現したインスタントの100%ヴィーガン・ラーメンが登場。天然素材のお...
インコが好きな人のための即席麺「インコラーメン」で知られる愛知の「キリマルラーメン」が、来たる2月22日の「猫の日」に、猫好き用ラーメン「トムニャムラーメ...
「辛ラーメン」といえば、ご存知うま辛で人気の韓国生まれの袋麺。こいつのアレンジは世に数あれど、「辛ラーメン」史上もっとも濃厚なアレンジができました!
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
ヴィーガン仕様のインスタントラーメンを手掛ける「マイラーメン」が、「渋谷マルイ」1階フロアに実店舗をオープン。花束のように野菜とエディブルフラワー(食用花...
次のトレンドをつくるかもしれない「ネオ料理人」のひとり、横山祥太郎をインタビュー。専門学校で寿司を学び、フリーランスのラーメン屋になった料理人が考案する「...
日本一煮干しを追求したラーメンでおなじみ「ラーメン凪」とロンドンの人気ラーメンバー「Bone Daddies」のコラボ。10月27日まで!
福岡のソウルフード「マルタイラーメン」を全国に広めるべく、若手社員5名が商品開発に挑戦。インテリアとしても素敵なBOOK型のラーメンが誕生した。博多とんこ...
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
オランダ・アムステルダムを拠点とするデザインスタジオ「VOUW」が考案した「Bloomlight」は、通行人に反応する不思議な街灯だ。通行人に向かって曲が...
5月11日、「日清食品株式会社」が、有名ラーメン店の味を自宅やオフィスに直接届けてくれるデリバリーサービス「RAMEN EX」の提供を開始!
パスタシーズニングをスープにアレンジしてつくるラーメン。パスタのような、でもちゃんとラーメンしてます。
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
2020年、コロナ禍において苦境に立たされている飲食業界に明るい話題をもたらそうと、創業50年以上の老舗「どさん子」が開発したメニュー「ハッピーレインボー...
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。
本日2月1日から、「一風堂」が植物由来の食材で作るラーメンを期間限定で販売。
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
「ロッテ」と人気ラーメン店「麺屋武蔵」がコラボした、「Uber Eats」限定チョコラーメン「“茶”ガーナ」が1日15食限定で登場!
ジョッキに麺が入っています。衝撃!

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
アライ(Ally)とは、“同調者、支持者、協力者”を示す英単語で「LGBTQ+当事者たちに共感し、寄り添いたいと思う人」を表す際にも使われている。近年では...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...