なぜ、インスタントラーメンがアメリカの刑務所で、「タバコ以上に価値ある通貨」とまで言われるようになったのか?

インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに登場してきた刑務所のイメージに、袋入りラーメンを重ね合わせることがどうしてできよう。が、これ現実の話。

ラーメンはタバコ以上に
貴重な食糧源

記事によれば、刑務所の経費削減方針にともない、現在所内で提供されている食事の質も量も低下傾向。その中で取引されるインスタントラーメンが貴重な生活必需品になっているんだそう。

「日々労働や運動の時間を課せられている受刑者たちにとって、エネルギー補給は死活問題です。ところが、食事の満足度が低下している。その点ラーメンは1食で効率良くカロリーが摂取できるうえ、今や全米どこでも簡単に手に入りますからね」。

とは、アリゾナ大学の社会学者マイケル・ギブソンライト博士のコメント。氏は刑務所内での受刑者たちの労働をテーマに研究を続け、これまでにおよそ60人の受刑者から聞き取り調査を行ってきた人物だ。

刑務所の中では
「ラーメンの袋」がすべてさ。

ギブソンライト博士の調査では、とくにインスタントのスープは高く評価されていて、すでに刑務所内でもタバコをしのぐ貴重な流通品としての位置付け。さらに、この動きは今や全米中へと広がり、インスタントラーメンの取引がある種トレンド化しつつあるというのだ。

彼の分析を裏付けるような受刑者たちのコメントを「MUNCHIES」が紹介する。Rogersという男性受刑者の本音に、最もそれがよく表れていた。

「何にしたって、刑務所の中では金がすべてさ。だけど、ここではそれがラーメンスープの袋なんだ。悲しいかな、それが現実なんだから仕方ない」。

民間委託以降、経費削減の
矢面に立たされたのが食事

日本のラーメン店が東海岸へと出店したことで、ここ数年ラーメンブームに沸くアメリカだが、インスタントはもう何十年も前から彼らの日常に浸透している。今回、意外な場所で勃発した“もうひとつのブーム”をギブソンライト博士は刑務所内の厳しい食事事情にある、と見ている。

刑務所内で提供されるラーメンがごちそうだったと「BBC」の取材に語るGustavo “Goose” Alvarezは、1990年代と2010年代に服役経験がある。その彼もこう言う、「90年代の食事はいい素材を使っていたろうし、まともだった」と。

年々受刑者が増え続けていたアメリカでは、刑務所の運営経費が高騰していた背景がある。抜本的な解決策として、多くの自治体が2008年ごろより段階的に、運営を民間委託し始めた。ところが、ここで経費削減の矢面に立たされたのが、日々の食事だ。

コストカットのあおりを受け、温かい食事は日に3回から2回へ。週末にいたっては1日2食。たしかに、これでは重労働や運動に体力を持たせる方が難しい。嗜好品であるタバコよりも、まずは生き延びるためのインスタントラーメン。それは、「塀の中」独特の思考なのかもしれない。

こうして、一番人気の交換物資であったタバコは、インスタントラーメンに取って代わった。

タバコ5本でラーメン1袋
スウェットシャツは2袋と交換

ところで、ギブソンライト博士が行った調査によると、インスタントラーメン自体の価格は、おおよそ59セント(約60円)ほどだが、所内ではその何倍ものレートで取引されているらしい。

以下、ふたたび「The Guardian」より抜粋。なお、()内は“シャバ”でのレート、見比べてみてほしい。ラーメンが引き金となるケンカは日常茶飯事で、殺人まで起きたこともあるという。

タバコ5本(2ドル)でラーメン1袋
スウェットシャツ(10.81ドル)は2袋と交換

あのインスタントの袋が、価値ある物資として取引される塀の中の世界。我々の想像する以上に、アメリカの受刑者たちの懐具合(ここでは胃袋の意味も込め)は、ひっ迫している証拠なのかもしれない。

紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
「辛ラーメン」といえば、ご存知うま辛で人気の韓国生まれの袋麺。こいつのアレンジは世に数あれど、「辛ラーメン」史上もっとも濃厚なアレンジができました!
次のトレンドをつくるかもしれない「ネオ料理人」のひとり、横山祥太郎をインタビュー。専門学校で寿司を学び、フリーランスのラーメン屋になった料理人が考案する「...
日本一煮干しを追求したラーメンでおなじみ「ラーメン凪」とロンドンの人気ラーメンバー「Bone Daddies」のコラボ。10月27日まで!
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
パスタシーズニングをスープにアレンジしてつくるラーメン。パスタのような、でもちゃんとラーメンしてます。
5月11日、「日清食品株式会社」が、有名ラーメン店の味を自宅やオフィスに直接届けてくれるデリバリーサービス「RAMEN EX」の提供を開始!
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
茨城県つくば市、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。いわゆる「朝ラー」です。でもこの松屋製麺所、その名前...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
米国メイン州の刑務所に収容されている受刑者たち。彼らのポートレートを撮り続けているのは、フォトグラファーのTrent Bell。普段は、商業建築物の分野で...
高級大型ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」で夏から提供されているルームサービス「ザ・ペニンシュラ東京 “マイラーメン” by 一風堂」が好評。その名の通り、有...
昆虫食の魅力を探究するレストラン「ANTCICADA」が、先月30日に自宅やオフィスで楽しめる冷凍ラーメン「おうちでコオロギラーメン」をリリース。
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
新価値クリエイター集団として知られるHoliday Jackは、9月20日より4日間、1000杯限定で「ピラニアラーメン」を振る舞うと発表。浅草の「NI...
日本中を席巻したラーメンブームがニューヨークに上陸して、早数年。その勢いは未だとどまることを知らない。しかしその30年以上前から、ニューヨークのみならず全...