ラーメンと餃子が変身する?インドネシアの新感覚調味料

今、おうちごはんに試してほしい調味料といえば、この「スマトラサンバル」

これは、北スマトラ・バタック民族の伝統調味料「サンバルアンダリマン」をベースとし、北スマトラ・カバンジャヘーで大人気のレストラン「RM RASA SAYANG」監修によって作られた新感覚調味料だ。

インドネシア語で「サンバル」は“チリソース”という意味。カバンジャヘーでは「バビゴレン(豚の三枚肉の素揚げ)」という豚肉料理などに、このサンバルをつけて食べるのだとか。

そして、このスマトラサンバルは、日本の食事とも相性がいいらしい。

唐揚げ餃子などこってりしたメニューに少し加えれば、爽やかなインドネシア風の料理に変身。肉料理のソースとしてはもちろん、スープラーメンなどに少量入れれば、それはまた新感覚の味に。

うま味と爽やかなしびれを兼ね備えた新感覚調味料「スマトラサンバル」、おうちごはんに、ぜひ。

©2020 株式会社セモス
©2020 株式会社セモス
©2020 株式会社セモス

スマトラサンバル

【公式サイト】https://smatrasambal.com/

Top image: © 2020 株式会社セモス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
クラウドファンディングで販売中の「SprayCare」は、接触せずに消毒できるウェアラブブルサニタイザー。手首から噴射する様子はスパイダーマンのよう。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
「ビームス ジャパン」と「食玩ジャパン」が食玩の魅力をあらためて伝える異色のコラボ「食玩ジャパン」を今月からスタートしている。
1月6日、バーガーキングが20年ぶりとなるリブランディングを実施。ロゴを皮切りにパッケージやオリジナル商品、制服などがその対象となっているようだ。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
唐辛子、花椒、クミン、ニンニク…あらゆる中華スパイスを配合したユウキ食品「中華クリスピーチキンシーズニング」。
iHerb(アイハーブ)で買える「ファーストフー店のポテトがもっとおいしくなる味変調味料」を3つご紹介。チポトレマヨネーズ、スモークパプリカ、アップルパイ...
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
7月21日、「88rising」の筆頭とも言えるインドネシア出身のラッパーRich Brianがこんなツイートをした。「ニューヨークへ旅立ったんだけど、も...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。