日本人にしか作れない「中華調味料」

国登録有形文化財の醤油蔵で作る「XO醬」が、応援購入サービス「Makuake」に登場した。

XO醬といえば、1980年代後半にホテル「ザ・ペニンシュラ香港」の広東料理「嘉麟楼」の料理長が考案した、乾物を主原料とする合わせ調味料。ブランデーの最高等級を表すXO(エクストラオールド)にちなんで命名された。

そのXO醬を日本で、創業200年の「浜田醤油」(熊本県)が本気で作ったとなれば、期待しないわけにはいかない。旨味のカギを握るのは、もちろん浜田の「旨み醤油」。7代受け継がれてきた醤油づくりがXO醬の味を底支えする。

ここに、旨味だらけの厳選素材をプラス。まずは帆立の名産地・北海道の「干し貝柱」「日高昆布」、台湾産の最高級「桜エビ」、そしてXO醬といえばの「金華ハム」。あえてオイスターソースは使わないのが浜田オリジナルのXO醬。醤油の旨みを存分に感じることができるそうだ。炒め物に、温かいごはんに乗せて、そのままお酒の肴としてもいい。

2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、老舗醸造メーカーによる日本発の無添加XO醬。これが本気じゃないわけがない......あ〜、食べてみたい!

©Makuake
©Makuake

『HAMADAYA XO醬』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/hamada1818/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。