日本人にしか作れない「中華調味料」

国登録有形文化財の醤油蔵で作る「XO醬」が、応援購入サービス「Makuake」に登場した。

XO醬といえば、1980年代後半にホテル「ザ・ペニンシュラ香港」の広東料理「嘉麟楼」の料理長が考案した、乾物を主原料とする合わせ調味料。ブランデーの最高等級を表すXO(エクストラオールド)にちなんで命名された。

そのXO醬を日本で、創業200年の「浜田醤油」(熊本県)が本気で作ったとなれば、期待しないわけにはいかない。旨味のカギを握るのは、もちろん浜田の「旨み醤油」。7代受け継がれてきた醤油づくりがXO醬の味を底支えする。

ここに、旨味だらけの厳選素材をプラス。まずは帆立の名産地・北海道の「干し貝柱」「日高昆布」、台湾産の最高級「桜エビ」、そしてXO醬といえばの「金華ハム」。あえてオイスターソースは使わないのが浜田オリジナルのXO醬。醤油の旨みを存分に感じることができるそうだ。炒め物に、温かいごはんに乗せて、そのままお酒の肴としてもいい。

2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、老舗醸造メーカーによる日本発の無添加XO醬。これが本気じゃないわけがない......あ〜、食べてみたい!

©Makuake
©Makuake

『HAMADAYA XO醬』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/hamada1818/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
チョコレートの香りと醤油のコクをイイトコどりした至高の調味料が誕生。バレンタインの変わり種ギフトにもぴったり!
唐辛子、花椒、クミン、ニンニク…あらゆる中華スパイスを配合したユウキ食品「中華クリスピーチキンシーズニング」。
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
どこの家庭にもありそうな調味料2つを掛け合わせることで、まさかの動物系 × 魚介系のWスープに!ラーメンのプロに聞いた、最高においしい「家つけ麺」です。
津軽で400年以上前から栽培されてきた在来種の唐辛子「清水森ナンバ」を使ってつくる「グリーンカレーペースト」。辛さのなかにもやらわかい甘みを感じる調味料です。
兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...
福岡県宗像市に暮らす母(フミ子さん)が、家族のためにつくった「ゆず胡椒」。その味を引き継いだ息子。「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子でなく、黒胡...
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
今月1日(火)、「味覇(ウェイパァー)」に新商品の青い缶がお目見え。エビにアサリ、昆布、オイスターなどを合わせた海鮮調味料だ。
江戸時代、徳川家にも献上された飛騨山椒をたっぷり使った「山椒七味」。香り、辛さ、痺れのバランスが秀逸な七味唐辛子です。
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...