あまりの旨辛に一食で使い切ってしまう、万能すぎて罪な「中華シーズニング」

「激辛」を売りにする調味料は世にあまた。けれど、舌先が痺れたり、ノドから火を吹いたり、滝のような汗が噴き出すだけの、そんな罰ゲームでしかない激辛に満足していませんか?

2020年の激辛は、それだけじゃ物足りない。
ちゃんと「おいしい」が大前提!

ここに紹介するのは、単に料理を辛くするためのツールじゃありません。辛くてとびきりウマイ一品。これを「NEO激辛調味料」と定義します。

かけるだけで味が決まり
食感と香りがクセになる

©2020 NEW STANDARD

スパイスやハーブに調味料をブレンドした「シーズニングスパイス」は、味付け、風味付けが手軽に決まる料理の友。エスニックや欧風料理でよく使われますが、中華料理のそれといえば、麻婆豆腐や回鍋肉に用いるような合わせ調味料がほとんど。

そのなかで、ユウキ食品の「中華クリスピーチキンシーズニング」は、辛党をうならせる旨辛のシーズニングです。

原材料に注目。フライドオニオン、乾燥唐辛子、いりごま、ローストピーナッツ、フライドガーリック、クミン、花椒、コリアンダーといった具合に、中華料理を構成するあらゆるスパイスがブレンドされているため、正直どんな料理にもマッチしてしまう!

🔥イチオシ料理はコレ🔥

素揚げしたチキンに目一杯シーズニングをふりかけた「クリスピーチキン」や、「スペアリブ」あたりはベストマッチ。他にもマヨネーズにシーズニングを混ぜてつくる「即席ディップ」も、パーティーシーンで重宝するはず。

意外なところでオススメは「卵かけごはん」。ザクザクの食感に旨と辛が混ざり合い、おかわり必至ですよ。

激辛レベル:★★☆☆☆

中華クリスピーチキンシーズニング

140g 440円(税込)

ユウキ食品
https://youki.co.jp/

Top image: © 2020 NEW STANDARD
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
福岡県宗像市に暮らす母(フミ子さん)が、家族のためにつくった「ゆず胡椒」。その味を引き継いだ息子。「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子でなく、黒胡...
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
江戸時代、徳川家にも献上された飛騨山椒をたっぷり使った「山椒七味」。香り、辛さ、痺れのバランスが秀逸な七味唐辛子です。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
大分県日田地区の「葉わさび」と、九州産「唐辛子」をペーストにして掛け合わせた川津食品「わさびペッパー」。異なる辛味成分をひとつにした、斬新な辛さが楽しめます。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
津軽で400年以上前から栽培されてきた在来種の唐辛子「清水森ナンバ」を使ってつくる「グリーンカレーペースト」。辛さのなかにもやらわかい甘みを感じる調味料です。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?