鹿児島の「うまかもん」がギュッとつまった調味料6選

調味料は、使われる食材のクオリティが命だと思うんです。ここでは、鹿児島「うまかもん」の結晶とも言える調味料を6つピックアップしました。

黒豚、だし醤油、黒ごま、芋焼酎、などなど、鹿児島県大隅の恵みをふんだんに盛り込んだ、その実力とは?

01.
これさえあれば…な
「黒豚炒めみそ」

黒豚がおいしいのは、「さつまいも」を食べさせて肉のうまみを引き出していたり、何度も品種改良を重ねていたりと、つねに創意工夫を続けているから。

そんな黒豚を使った調味料が、この「黒豚炒めみそ」。豚骨エキスや麦味噌などがギュッと濃縮された「うまみと風味」が食欲をそそります。いつもの肉野菜炒め、みそ煮込み、豚汁も劇的に変わるはず。

■黒豚炒めみそ(594円)
【久保醸造合名会社】
住所:鹿児島県鹿児島市共栄町11-3
TEL:0994-44-3636

02.
本土最南端佐多岬の海水から
じっくり釜炊きした「塩」

本土最南端佐多岬のきれいな海水を釜と薪(たきぎ)でじっくりと時間をかけて作り上げた「楽塩」。口コミで火がつき、その評判は全国へと広がっているそうです。

おにぎり、ゆで卵など、塩のうまみが直球で伝わる料理に使いたいですね。

■楽塩竹筒入り(焼塩)
※内容量で価格が変わります。
【株式会社 サウスマックス】
住所:鹿児島県肝属郡南大隅町根占山本4108
TEL:0994-24-5308

03.
海の幸から生まれた
「だし醤油」

この「だし醤油」は手間をかけてじっくりだしを引いているので、鰹の風味といりこ(煮干し)の甘みが抜群。海産物が豊富な鹿児島県大隅らしい調味料だと言えるかもしれませんね。

使う際はぜひ、TKG(卵かけご飯)に。

■だし醤油(486円)
【児玉醸造有限会社】
住所:鹿児島県肝属郡東串良町川東4004
TEL:0994-63-3691

04.
甘みがクセになる
「さしみ醤油」

九州の甘い醤油は、1本あれば料理のバリエーションがグッと増える逸品。

鹿児島の家庭の味としても人気で、濃厚な甘みと深いコクが特徴です。お刺身はもちろん、みりんと合わせて照り焼きにしてもおいしそう。

■さしみ醤油(465円)
【児玉醸造有限会社】
住所:鹿児島県肝属郡東串良町川東4004
TEL:0994-63-3691

05.
病みつきになる
黒いドレッシング

黒ごまを使用し、鹿児島県のシンボル、桜島の灰をイメージして作られた「さつま黒ドレッシング」。さらに、たまねぎのうまみが凝縮されていて、一度食べたら病みつきになるかも?

■さつま黒ドレッシング(432円)
【食彩工房あかね】
住所:鹿児島県鹿尾市天神町4158-2
TEL:090-8398-2230

06.
芋焼酎を使った
ノンオイル・ドレッシング

大隅産鶏ガラでとったスープをベースに、揚げにんにくの甘味・荒挽き黒胡椒風味のコクが加わったノンオイルドレッシング。サラダやカルパッチョに使うのがオススメ。

そこに焼酎がどんな風に活かされているのかは…ぜひお楽しみに。

 ■焼酎ドレッシング(540円)
【有限会社 ライクマム】
住所:鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-1
TEL:099-473-3597

Licensed material used with permission by 大隅広域観光開発推進会議
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
鹿児島県の加工品のお土産を9選ご紹介。いずれも「ご飯に合いそうな加工食品」ばかりです。薩摩黒豚を使ったハンバーグや味噌漬けなど鹿児島らしいものから、たけの...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。