冷蔵庫にこれさえあれば…。飲み屋泣かせの「黒豚みそ」

遅い時間に帰ると、そこから料理をスタートするのはなかなかハード。とはいえ、スーパーやコンビニ弁当で済ませたくないし…。

とりあえず冷蔵庫を開けてみて、普段ならスッと閉めてしまうような場面でも「これさえあれば」という最高の相棒を見つけました。

今回は、鹿児島編。4つピックアップしてみました。行きつけの飲み屋のように、おいしくて安らげる時間のはじまり〜。

01.
疲れもふき飛ぶ
村山の「黒豚みそ」

この「黒豚みそ」(540円)のおいしい食べ方、いくつかあります。

① 白メシに添えて、あとはかき込むだけ。
② 野菜スティックに添えて、つけて食べるだけ。
③ おつまみとして、ちょい舐め、ぐい呑みするだけ。

とてもシンプル! 「へぇ〜うまいな〜」の瞬間、今日あったイヤなことやストレス、忘れていました。

【村山製油】
住所:肝属郡東串良町岩弘2640-1
TEL:0994-63-2064

02.
温めるだけでいい
黒豚100%ハンバーグ

手軽にお腹を満たしたい。そんな日には「薩摩黒豚手作りハンバーグ」(930円)を。

さつまいもをエサに育った放牧薩摩黒豚の肉はほんのり甘く、コクがあります。そのうまみを存分に味わえる無添加の黒豚100%のハンバーグです。1パック930円と少し高めに感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、満足度の高い商品です。

【三清屋】
住所:鹿屋市笠之原町5-58 
TEL:0994-44-5196 

03.
「薩摩黒豚」の真骨頂

自社牧場で育てた放牧薩摩黒豚のロース肉を、郷土の味噌床に漬け込んで熟成させた「放牧薩摩黒豚 味噌漬」(1,900円)。

少し高めですが、それだけ手間がかけられ、味わい深いということ。味噌の焼けるいい匂いが食欲をそそります。

【三清屋】
住所:鹿屋市笠之原町5-58 
TEL:0994-44-5196

04.
トロトロの軟骨煮込みが
クセになる

鹿児島で軟骨と言えば、豚軟骨の煮込み。

こだわりの鹿児島県内産調味料でトロトロになるまで煮込んだ「鹿児島県産 黒豚軟骨焼酎煮込み」(500円)。豊かな醤油の香りがご飯にぴったり。これをつまみに、いも焼酎で一杯もまたいい。

【善STYLE】
住所:鹿屋市浜田町1250 
TEL:0994-41-8732

Licensed material used with permission by 大隅広域観光開発推進会議
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
食器といえば白。少し前まで漠然とそんなイメージを抱いていたけれど、最近は少しちがう。Instagramで見かける美しい食卓、ふらっと入ったカフェで出てきた...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
がっつりお肉を食べたいけど、なかなかステーキ肉は手が出ない……。とくに給料日前となるとつい我慢してしまいますよね。でも、値段が手頃な「豚バラ肉」をうまく使...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発...
鹿児島県のさつまいも生産量は国内第1位。現地で生産される品種の中でも、ブランド産品にもなっている「かのや紅はるか」に注目。その素材の甘さを楽しめる絶品スイ...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
鹿児島県のPR動画といえば、以前にTABI LABOでも取り上げたように、その圧倒的なクオリティの高さで有名だ。昨年公開された「KAGOSHIMA Ene...