「コクヨ」から登場の「白と黒で書くノート」

「コクヨ」は「コクヨデザインアワード2018」優秀賞の作品「白と黒で書くノート」を商品化。6月25日(木)から東京・千駄ヶ谷のカフェ&ショップ「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」とコクヨ公式オンラインショップ「コクヨショーケース」にて販売する。

「暗い色と明るい色の文字は同時に読みづらい」という視覚が持つ性質を利用してデザインされたこのノートは、用紙を灰色にし、黒と白で文字を書くことで、たんなるプロダクトとしてではなく“新たなノートの使い方”を提案するものなのだとか。

「文字の視認性を高める」「大切な部分を際立たせる」「描いた立体物の影を直感的に表現する」など、アイデア次第でこれまでの一般的なノートでは味わえなかった体験を楽しませてくれる。

グレーを基調としたクールでスタイリッシュなデザインは、落ち着きのある雰囲気高級感を演出。モノトーンカラーを文房具に取り入れて、オシャレ感を演出することも。

もっとも身近な文房具のひとつであるノートから“発見”を得られるなんて、なんだか楽しそうだと思わない?

ノート コクヨ 黒 黒と白で書くノート
©コクヨ
ノート コクヨ 黒 黒と白で書くノート
©コクヨ
ノート コクヨ 黒 黒と白で書くノート
©コクヨ
ノート コクヨ 黒 黒と白で書くノート
©コクヨ

『白と黒で書くノート』
【価格】900円(税別)
【販売開始】6月25日(木)
【サイズ】H210 x W168mm
【材質】中紙/上質紙
【中紙仕様】5mm方眼罫、50枚
【詳細】コクヨデザインアワード2018 「白と黒で書くノート」
【販売先】ショップ&カフェ「THINK OF THINGS」、公式オンラインショップ「コクヨショーケース

Top image: © コクヨ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月30日から、一部を除く全国の「スターバックス」の店舗と「スターバックスオンラインストア」で、「コクヨ」とのコラボ商品である「スターバックス キャンパス...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
10月16日、「コクヨ」が「Life Accessories」をコンセプトとする新ブランド「KOKUYO ME」をローンチ。
さて、ここからはノートの自慢。
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
「バタフライボード株式会社」より、何度も使って消せるノート「notes(ノーツ)」がクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売。
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
ロンドン生まれの“本物の木”からできたノートブランド「Bark&Rock」が日本初上陸。「銀座 蔦屋書店」の店頭及びオンラインショップで販売がスタートした。
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理氏が手掛けたテープカッター「ROTARY TAPE DISPENSER」の復刻版を「コクヨ」が来年2月25日から発...
コクヨとnendoとの協業により生まれた、接着用品の新ブランド「GLOO(グルー)」の紹介です。
2019年に登場し、世界中でヒットとなったノートPCスタンド「MOFT」が、大幅にアップグレードされて新登場。
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
7月5日、ラッパーでありファッションデザイナーであるカニエ・ウエストは、11月の米大統領選への出馬を自身のTwitter上で表明。「これはおもしろくなりそ...
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
このノート最大のポイントは、平綴じタイプなのにゴム留めが付いているところ。リングタイプでゴム留めがついているものは多いけれど、平綴じタイプで付いているのっ...
パーツの組み合わせは数万通り世界に1冊だけの"オリジナルノート"を作れるお店HININE NOTE〒151-0064 東京都渋谷区上原1丁目3-5 SK代...
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...