「角までしっかり塗れる」スティックのりが出た!

「デザイン」というワードには、なにかと装飾的なイメージがつきまといがち。

でも、本当にいいデザインって、オシャレとかキレイとかじゃなく「使えるもの」だと思います。佇まいがどれだけ魅力的でも、実用的じゃなけりゃ元も子もない。

だからこそ自分は、コクヨの接着用品の新ブランド「GLOO(グルー)」にシンパシーを感じた!

ここがポイント!
「四角いのりに丸い蓋」

©2018 TABI LABO

例えば、この「スティックのり」。

従来の丸型だとどうしても角に塗り残しができてしまい、一度貼り付けてからもう一度塗る、なんて手間をかけていたわけですが……この四角型だと完璧に、角にフィットします。

ただ四角にしただけでしょ?と思ったら大間違い。話を聞いてみると、どうやらこれまでにも様々なメーカーがチャレンジを試みたものの、どれもが失敗に終わったそうなんです。

その大きな要因が、のりに合わせて蓋の形も四角にしていたから。これだと密閉性に難があり、粘着力が維持できなかったといいます。

©2018 TABI LABO

成功の大きなポイントは、蓋を丸型にしたこと。こうすることで密閉性が高まり、角まで塗りやすいスティックのりが誕生したというわけです。

加えて、実際に使ってみると、のりが硬すぎず柔らかすぎずの絶妙な使用感!塗りやすさを追求して柔らかくしすぎるがあまり、べちゃっとして早々に形が崩れてしまうものも多いですからね。

片手で軽く切れる「テープカッター」

©2018 TABI LABO

これまでは、本体が動かないように抑える必要があった「テープカッター」ですが、吸盤で固定することで、片手でも簡単に切れるようになりました。

しかも、通気口を設けることで、使用時はしっかり固定されつつも、真上に持ち上げると軽い力で取り外しが可能に。もし子どもが足の上に落としてしまっても、軽量なので安心です。

特殊加工刃のおかげで切り口も驚くほどまっすぐ。ギザギザになったりしません。

※取り付け面により吸盤が取り付けできない場合があります

持ち方が選べる「テープのり」
色が消える「瞬間接着剤」

©2018 TABI LABO

その他、「GLOO」のラインナップには、本体が変形して持ち方を2通りから選べる「テープのり」や、塗るときは赤色でわかりやすく、時間が経つと透明になる「接着剤」も。

つまり、多くの人が「貼る」という行為に感じていたストレスにフォーカスし、それらを一つずつ解決したブランドというわけです。これこそ「デザインの力」だよなあ、と改めて。デザインオフィス「nendo」との協業と聞けば、説得力はさらに高まります。

すでに一部店舗で先行販売中。全国発売は2019年1月です。

Top image: © 2018 TABI LABO
「コクヨデザインアワード2018」にて優秀賞を受賞した「黒と白で書くノート」が商品化。「明るい色と暗い色の文字は同時に読みづらい」という性質を利用した話題...
10月16日、「コクヨ」が「Life Accessories」をコンセプトとする新ブランド「KOKUYO ME」をローンチ。
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
いつでもどこでも上質な国産蜂蜜を。とくに風邪気味で喉がイガイガするときは、個包装のはちみつを1本持って出かけると安心です。
ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもま...
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
発売と同時に即完売するほど大人気の「コクヨ」と「スターバックス」がコラボした「スターバックス キャンパスリングノート」に新色が登場。
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理氏が手掛けたテープカッター「ROTARY TAPE DISPENSER」の復刻版を「コクヨ」が来年2月25日から発...
昭和50年の発売から長年にわたって日本人に愛される液状のり「アラビックヤマト」が、有名文具メーカーとのコラボグッズを展開する「へそ文-HESOBUN-」と...
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
8月30日から、一部を除く全国の「スターバックス」の店舗と「スターバックスオンラインストア」で、「コクヨ」とのコラボ商品である「スターバックス キャンパス...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
今回はビックカメラ新宿西口店にある「ビック酒販」。ミレニアルズは知らない格安でお酒を楽しめる「角打ち」を体験!
〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を同時にチャージ...
「Unnecessary Inventions」というInstagramアカウントの紹介。名前の通り、不必要な発明品……あっても使わないだろうモノがフィー...
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...