海苔をアートにするという発想力。老舗問屋が開発した「のりあーと」

ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもまずは見て下さい!

もはや、キャラ弁の粋を完全に超越しているのでは?


一枚の海苔で
ここまで表現できるの!?

伝統食材である海苔をアートに昇華させたのは、創業1894年の老舗のり問屋。「のりあーと」では、先進のレーザー加工技術をもちいて、海苔の上に自由自在に絵柄を創作します。

なんでも、2002年日韓W杯開催にちなんだ、サッカーボール型の海苔を“型抜き技術”で製品化しようという試みから始まったものだそう。試行錯誤の末、1ミリに満たない薄さでも、海苔の品質を保ちながら加工できる技術を活かしてできあがったようです。

たとえばこの「笹の葉」をイメージした文様。真ん中のカットされていない太い部分を残してあるのには、ちゃんと訳があります。以下の画像が実際に使った様子。

三角に握ったおにぎりを真ん中におけば…ごらんのとおり。なんともシースルー感たっぷりなおにぎりの完成!

海苔1枚の「全型のり」に対応したものから、その1/4の手巻き用焼き海苔サイズまで、目的に合わせてデザインは様々。「のりあーと」を用いれば、いつもの手巻き寿司パーティーにグンと差がつくはず。

では、ここからは進化が止まらない「のりあーと」の世界を見ていきましょう。

もはや、海苔という
概念すらも超えている…

こちらは、切り抜いた海苔の上からさらに食用のインクで桜をあしらったもの。これからのお花見シーズンにぴったり。

上は、笹の葉っぱに見たてた海苔。これで巻いたゴハンを“おにぎり”と呼んでしまっていいのでしょうか。

オリジナルデザインも可能
まだ見ぬ海苔を創造できる!

水引き風のでサイン。引き出物としても重宝するかも。

オリジナルのデザインやメッセージが入れられる、オーダーメイドも可。ピクニックランチのおにぎりや、手巻き寿司パーティーでお目見えしたら驚きますよね。ほかにも、誕生日のサプライズプレゼントに、または結婚式の引き出物のひとつとしてメッセージを添えて送るのもありかも。

衝撃と興奮を覚える「のりあーと」問い合わせはコチラから。

Licensed material used with permission by 小善本店
他の記事を見る
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
家庭でもアウトドアシーンでも、手間も時間もかけずにサッとつくれておいしい海苔の活用法をご紹介。
コクヨとnendoとの協業により生まれた、接着用品の新ブランド「GLOO(グルー)」の紹介です。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
海苔はあまり長く保存しておくと、湿気ってしまいます。そこで、このアイデア。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
「海苔は消化に悪い」。こう藪から棒に言われても、にわかに信用なんてできない。しかし、これは多くの外国人にとっては定説らしい。それを裏付けるように、海苔を消...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...