これ、全部「Excel」で描いたんです。日本人男性によるデジタルアートが海外で話題に!

作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描くために使っているツール。

「Excel」で描いたアート!?

B98f17a9c913100f8d64ba517f9dc409766f68df

これは、『城址濠の桜』という作品。2006年オートシェイプ画コンテストで「特別部門大賞」を受賞したパソコン画です。翌々年の作品も素晴らしい出来栄え。

B18512e67a00e854ce6a8f258a3a4144ce63814a

『金屏風・山郷の眺望』。2008年オートシェイプ画コンテストの「特別部門大賞」受賞作品。どちらも、まさかExcelで描いたとは思えません!

60歳を目前に、早期退職をしてパソコン画を始めたという堀内さん。本人も「表計算ソフト」に秘められていた描画力には驚いたそうですが、周囲にいた若者が上手にグラフや図形を描く様子を見て、これなら絵もかけるのでは?と思い立ったことがきっかけだとか。

Spoon & Tomato」にはこんなコメントが。

「グラフィックソフトは高価ですが、エクセルならほとんどのPCにはじめからインストールされています。それに、機能も豊富でペイントよりもカンタンに使えますよ」

A696282e1dc1285a7f1a14b5d9ab94b59d8e8eaa

その他の作品も素晴らしいものばかり。なかにはプリントアウトして大きな屏風をつくったものも。これをきっかけに、多くの人が堀内さんの元を訪ねるようになりました。今ではアートを紹介する多くのメディアで掲載され、その注目度はいっそう高まるばかり。

1dd18cf74245c7ec652544138f6a3ef0e3f6459e49b95266673505444f3d32cd3fe6cba981446d9f0ebae593feed875e91c0b6401b216c285a14601d6902a1590af6e2ef2f76bbf414f80e3e33861f34A63f408b978089b6481eb6d0a5f01556435e1143Ec2a716476e466737e2b03f51b94e1c9a5d40c64000b52779b0795898fa8a3b35155713af21951e860030def2cec8ab2e7468bac12b9bd4195ccaed9

ホームページでは、その他の作品はもちろん、パソコン画や年賀状のつくりかたを紹介しています。パソコンにExcelが入っている人は、ぜひ挑戦してみては?こんなに複雑な表現ができるなんて、スゴイ!

Reference:Spoon & Tomato
Licensed material used with permission by 堀内 辰男, 堀内辰男のエクセルで描くパソコン画
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
独断と偏見でピックアップしました。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はな...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...