これ、全部「Excel」で描いたんです。日本人男性によるデジタルアートが海外で話題に!

作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描くために使っているツール。

「Excel」で描いたアート!?

「Excel」で描いたアート

これは、『城址濠の桜』という作品。2006年オートシェイプ画コンテストで「特別部門大賞」を受賞したパソコン画です。翌々年の作品も素晴らしい出来栄え。

「Excel」で描いたアート

『金屏風・山郷の眺望』。2008年オートシェイプ画コンテストの「特別部門大賞」受賞作品。どちらも、まさかExcelで描いたとは思えません!

60歳を目前に、早期退職をしてパソコン画を始めたという堀内さん。本人も「表計算ソフト」に秘められていた描画力には驚いたそうですが、周囲にいた若者が上手にグラフや図形を描く様子を見て、これなら絵もかけるのでは?と思い立ったことがきっかけだとか。

Spoon & Tomato」にはこんなコメントが。

「グラフィックソフトは高価ですが、エクセルならほとんどのPCにはじめからインストールされています。それに、機能も豊富でペイントよりもカンタンに使えますよ」

「Excel」でアートを書く様子

その他の作品も素晴らしいものばかり。なかにはプリントアウトして大きな屏風をつくったものも。これをきっかけに、多くの人が堀内さんの元を訪ねるようになりました。今ではアートを紹介する多くのメディアで掲載され、その注目度はいっそう高まるばかり。

「Excel」で描いたアート 鶴「Excel」で描いたアート 滝「Excel」で描いたアート 風景画「Excel」で描いたアート 雪景色「Excel」で描いたアート 梅の木「Excel」で描いたアート 夕焼け「Excel」で描いたアート 海「Excel」で描いたアート もみじ

WEBサイトでは、その他の作品はもちろん、パソコン画や年賀状のつくりかたを紹介しています。パソコンにExcelが入っている人は、ぜひ挑戦してみては?こんなに複雑な表現ができるなんて、スゴイ!

Reference:Spoon & Tomato
Licensed material used with permission by 堀内 辰男, 堀内辰男のエクセルで描くパソコン画
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
日本の文化、アート、モノづくりを発信するデジタル体験施設「羽田出島(DEJIMA by 1→10)」が、「羽田空港」に隣接した複合施設「羽田イノベーション...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
ユニクロのTシャツブランド「UT」がアートギャラリー「NANZUKA」とコラボレーション。日本の現代アートを牽引するキーマンたちのデザイン&グラフィックセ...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?なぜか「ちょっと変なもの」をもらっても、嬉しくなっちゃうのもいいとこ...
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...