まるで「架空の」深海展。

これが、深海で新たに発見されたフシギな生き物たちだと紹介されたら、素直に「おぉ!スゴい!」と言ってしまいそう。

でも、実は写真ではなく、全てデジタルアートで書き加えられた想像上の生物なのだ!

夢と現実が融けあうアート

あまりにもリアルで、絶妙に実在しそうなこれらの生き物は、「UNKNOWN×UNKNOWN」というシリーズのデジタルイラスト。作り出しているのはデザイナー兼3DアーティストのZhang Chenxiさん。Photoshopなどのソフトを用いて編集し、今にも動き出しそうな生命力を表現している。

驚きの発想力と卓越した技術力でつくられる世界観に夢中になるファンも多く、Instagramには「このシリーズ、本当に大好き!」「新作が待ちきれない!」という声も。

それに対して作者は「ありがとう!実は仕事が忙しくて、次の作品は9月か10月になるかもしれないんだ」と返している。次はどんな発想が飛び出すのか、今からワクワクしてしまう。

Licensed material used with permission by Zhang Chenxi
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
まだ見ぬ未知の生物がうじゃうじゃいる深海で、一輪の花を咲かす奇妙な生き物「ビーナスフライトラップアネモネ」がアメリカ領サモアで発見された。“Flytrap...
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...