水深1万メートル超の「深海」へと向かうツアーが「参加者を募集中」

「エベレストは4000人以上、宇宙は562人。だけど、チャレンジャー海淵はたったの7人しか到達していない」──。

こう述べるのは、ラグジュアリーな冒険を提供する企業「EYOS Expeditions」の共同設立者Rob McCallumさんだ。

「チャレンジャー海淵」とは、マリアナ海溝の最深部のこと。ちなみに、水深は1万メートルを超える。

「EYOS Expeditions」は、潜水艇で“人類未開の地”といっても過言ではないような極所へと向かうツアーを発表した。応募者のなかから3人が選ばれるという。

出発前にトレーニングも用意されているとのことなので、とくに必要な資格などはないらしい。開拓精神が旺盛で、我こそはという人は、ぜひ。

詳しくはコチラから。

Top image: © iStock.com/erwannmartin35
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
旅行代理店「Kraken Travel」と北朝鮮やチャド共和国などへ行く珍しいツアーを企画する「Lupine Travel」がパートナーシップを組み誕生し...
テヘランとエスファハーンで行われているフードツアー、「Persian food tours」。市場などをまわったり、料理を作ったり。いつかイランを訪れた日...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
中央アジア・ウズベキスタンやトルクメニスタンを15日間かけてまわるフォトツアーにビックリ。その目玉スポットがスゴいんです。
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
11月22日、イギリスのバンド「Coldplay(コールドプレイ)」が、新作アルバムのプロモーションのためのツアーを中止することを発表した。
「True Luxury Travel」が始めたのは、混雑とは無縁、入館者は「自分たちだけ」のルーブル美術館スペシャルツアー。
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「何が起きても、どんなに希望がなくても、生きることを諦めないって約束してくれ…」そうローズに伝え、冷たい海の底に沈んでいくジャック。映画『タイタニック』の...
2020年3月、オーストラリアのグループ旅行専門の旅行会社「Intrepid Travel」から「Z世代向けのファミリーサイクリングツアー」がリリースされ...
まだ見ぬ未知の生物がうじゃうじゃいる深海で、一輪の花を咲かす奇妙な生き物「ビーナスフライトラップアネモネ」がアメリカ領サモアで発見された。“Flytrap...
ニュージーランドの観光地「ベイ・オブ・アイランズ」でバンドウイルカとの遊泳が禁止となった。理由は「人間がイルカを愛しすぎた」から......。
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。