海底に誕生する国際研究施設「プロテウス」

海洋は地球の表面の71%を占めているが、「米海洋大気局(NOAA)」のデータによると、人類は世界の海の約5%しか探索していないという。

そんな、もうひとつの宇宙とも呼ばれる“深海の世界”海底版「国際宇宙ステーション」を建設するプロジェクトが持ち上がっているようだ。

潜水技術者のファビアン・クストー氏と工業デザイナーのイヴ・ベアール氏が構想する「プロテウス」は、世界中の研究者が滞在可能となる居住施設兼研究施設

高床式2階建てのこの円形建造物は、本体から突き出たポッドが特徴的で、どこか深海生物を連想させるようなデザインだ。

©Fabien Cousteau's PROTEUS™. Concept designs by Yves Béhar and fuseproject.

1階部分には大きなムーンプールが設置され、そこからダイバーや潜水艦が出入り可能に。

風力太陽エネルギー海洋温度差発電が動力源となっており、世界初となる食料生産用の水中温室も設置される予定だという。

海底に居住施設を設置すること大きなメリットのひとつが、ダイバーの加圧・減圧作業に関してだ。

一般的に100メートル以上の潜水をおこなうダイバーは、数日間から数週間かけて加圧・減圧作業をおこなう必要があるらしい。本来であれば浮上のたびに実施する必要があるが、海底に滞在可能なスペースがあれば、より長時間の潜水が可能になるというのだ。

人類の未来を大きく切り開く可能性を秘めたこのプロジェクト。同プロジェクトは現在支援者を募集中で、準備が完了すれば3年で建設することが可能とのことだ。

©Fabien Cousteau's PROTEUS™. Concept designs by Yves Béhar and fuseproject.
Top image: © Fabien Cousteau's PROTEUS™. Concept designs by Yves Béhar and fuseproject.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
「Teva」がインスタントカメラブランド「Polaroid」と初のコラボ。今月6日(木)からTeva公式オンラインストアで2つのモデルを発売している。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
9月14日、「Microsoft」が約2年間運用していた海底データセンターの実証実験を終了したと発表。地上のデータセンターよりも故障率が低いなど、さまざま...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
これは、米・フロリダ州キーウエストに建設される海底ホテルです。すでに認可を受け、300万ドル(約3億6,500万)の資金を調達中、集まり次第着工し4ヶ月ほ...
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
「Google」が先日、米国ニューヨークと英国のブード、スペインのビルバオの3拠点を結ぶ新しい海底ケーブルを建設する計画を発表した。新型コロナウイルスの感...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
まだ見ぬ未知の生物がうじゃうじゃいる深海で、一輪の花を咲かす奇妙な生き物「ビーナスフライトラップアネモネ」がアメリカ領サモアで発見された。“Flytrap...
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
「何が起きても、どんなに希望がなくても、生きることを諦めないって約束してくれ…」そうローズに伝え、冷たい海の底に沈んでいくジャック。映画『タイタニック』の...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
多岐にわたる研究機関を持つイギリスの名門「ウォーリック大学」が、驚きの研究結果を発表。その内容は、1歳半までの赤ちゃんであれば、泣かせたままにしておいても...
世界中で大ヒットとなった名作映画『タイタニック』。映画の題材となったタイタニック号は、今も海底で眠っている。そんなタイタニック号を市民科学者として調査&探...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
イギリス領バージン諸島沖に、今年の春に沈められた船がある。真珠湾攻撃をくぐり抜けた歴史あるもので、アート作品が取り付けられているのだ。新たなダイビングスポ...
9月8日に「The Ocean Cleanup」のゴミ回収作業が、サンフランシスコで始まりました。太平洋ゴミベルトに7万トン以上あるといわれている廃棄物の...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...