海底に誕生する国際研究施設「プロテウス」

海洋は地球の表面の71%を占めているが、「米海洋大気局(NOAA)」のデータによると、人類は世界の海の約5%しか探索していないという。

そんな、もうひとつの宇宙とも呼ばれる“深海の世界”海底版「国際宇宙ステーション」を建設するプロジェクトが持ち上がっているようだ。

潜水技術者のファビアン・クストー氏と工業デザイナーのイヴ・ベアール氏が構想する「プロテウス」は、世界中の研究者が滞在可能となる居住施設兼研究施設

高床式2階建てのこの円形建造物は、本体から突き出たポッドが特徴的で、どこか深海生物を連想させるようなデザインだ。

©Fabien Cousteau's PROTEUS™. Concept designs by Yves Béhar and fuseproject.

1階部分には大きなムーンプールが設置され、そこからダイバーや潜水艦が出入り可能に。

風力太陽エネルギー海洋温度差発電が動力源となっており、世界初となる食料生産用の水中温室も設置される予定だという。

海底に居住施設を設置すること大きなメリットのひとつが、ダイバーの加圧・減圧作業に関してだ。

一般的に100メートル以上の潜水をおこなうダイバーは、数日間から数週間かけて加圧・減圧作業をおこなう必要があるらしい。本来であれば浮上のたびに実施する必要があるが、海底に滞在可能なスペースがあれば、より長時間の潜水が可能になるというのだ。

人類の未来を大きく切り開く可能性を秘めたこのプロジェクト。同プロジェクトは現在支援者を募集中で、準備が完了すれば3年で建設することが可能とのことだ。

©Fabien Cousteau's PROTEUS™. Concept designs by Yves Béhar and fuseproject.
Top image: © Fabien Cousteau's PROTEUS™. Concept designs by Yves Béhar and fuseproject.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...