メモは「デジタル」ではなく「紙」に書いた方が記憶に残りやすい【研究結果】

電子機器が発達した昨今、予定をカレンダーアプリなどに入力する人も多いのではないだろうか。しかし、紙の手帳を使った方が記憶に残るということが研究によって判明したようだ。

「東京大学大学院総合文化研究科」と「日本能率協会マネジメントセンター」、「NTTデータ経営研究所」による共同研究によって明かされたのは、書き留める“メディア”によって生じる脳活動の違い

研究チームは、18〜29歳の参加者48人を、手帳タブレットスマホを使用する3つのグループに分け、具体的なメモをとらせたあと、その内容を想起、解答させる実験をおこなった。

その結果、手帳を使用したグループがもっとも短時間で記銘でき、いくつかの直接的な設問では、より高い正答率を得たそうだ。

その理由について、手帳を使用した場合は「紙上の場所や書き込みとの位置関係といった視覚情報」を関連付けて記憶できるからだという。

研究論文ではそれを踏まえたうえで、ビジネスや学習の場でも電子機器や紙をうまく使い分けていくことで、本来の成果を最大化できるのではないかと結論づけている。

つまり「電子機器は便利だが、紙とペンも捨てたもんじゃない!」ということ。忘れっぽい人は、紙に書き留めることを試してみてはいかがだろう。

詳しい研究内容を知りたい方は、こちらから。

Top image: © iStock.com/Ivan-balvan
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事