【研究結果】「ラジオ」を聴き続けると「頭がよくなる」

聴覚メディアであるラジオは、その特性として想像力や記憶をかきたてるとされ、「聴くと頭がよくなる」「脳の活性が上がる」などが通説として語られてきた。

スマートフォンやパソコンなどでラジオが聴ける無料のサービス「radiko」では、これらの説の真偽を確認するため、脳科学者・加藤俊徳医師監修のもと検証を実施。

大学生8名を対象に、番組の内容や聴く場所、時間帯などは指定せず、生活スタイルに合う形でラジオを1日合計2時間以上、1ヵ月間にわたって聴取してもらい、「ラジオを聴き続けると脳にどのような影響を与えるのか」を調査した。

それにより、「ラジオを聴く」という行為は、脳の成長に有益な働きをもたらしていることが実証されたという。

これまで、マスメディアと脳の成長の関係には複雑な要因がかかわるため、脳研究の対象として扱うことは非常に困難とされていた。そのため、この実験は「ラジオ聴取と脳の成長の関係をMRI画像診断で解析した世界初の実証実験」となるそうだ(脳の学校調べ)。

ラジオ聴取による効果を期待する場合、脳の成長は小さいころのほうが大きいため、早ければ早いほど効果が高く、4〜5歳くらいまでにはじめるのが理想とのこと。

また、高齢者は聴覚が衰えることで脳の「聴く力」までもが衰えてしまい、認知症の進行につながることも指摘されているため、聴き続けるという行為が重要とのことだ。

©2020 株式会社radiko

『radiko』

【公式サイト 】http://radiko.jp/

Top image: © iStock.com/pop_jop, iStock.com/Denis Maliugin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...