【研究結果】「ラジオ」を聴き続けると「頭がよくなる」

聴覚メディアであるラジオは、その特性として想像力や記憶をかきたてるとされ、「聴くと頭がよくなる」「脳の活性が上がる」などが通説として語られてきた。

スマートフォンやパソコンなどでラジオが聴ける無料のサービス「radiko」では、これらの説の真偽を確認するため、脳科学者・加藤俊徳医師監修のもと検証を実施。

大学生8名を対象に、番組の内容や聴く場所、時間帯などは指定せず、生活スタイルに合う形でラジオを1日合計2時間以上、1ヵ月間にわたって聴取してもらい、「ラジオを聴き続けると脳にどのような影響を与えるのか」を調査した。

それにより、「ラジオを聴く」という行為は、脳の成長に有益な働きをもたらしていることが実証されたという。

これまで、マスメディアと脳の成長の関係には複雑な要因がかかわるため、脳研究の対象として扱うことは非常に困難とされていた。そのため、この実験は「ラジオ聴取と脳の成長の関係をMRI画像診断で解析した世界初の実証実験」となるそうだ(脳の学校調べ)。

ラジオ聴取による効果を期待する場合、脳の成長は小さいころのほうが大きいため、早ければ早いほど効果が高く、4〜5歳くらいまでにはじめるのが理想とのこと。

また、高齢者は聴覚が衰えることで脳の「聴く力」までもが衰えてしまい、認知症の進行につながることも指摘されているため、聴き続けるという行為が重要とのことだ。

©2020 株式会社radiko

『radiko』

【公式サイト 】http://radiko.jp/

Top image: © iStock.com/pop_jop, iStock.com/Denis Maliugin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事