【研究結果】旅行がもたらす5つのこと。もっと早く知りたかった……!

旅行へ行くと、気持ちが高まる──。

これは、世の中のほとんどの人が感じたことがある事だと思います。でも、その理由を明確に追求したことがある人は少ないのでは?

そこで、ライターのAnnakeara Stinsonさんが研究や調査結果を引用しつつ「Elite Daily」にまとめた、旅行がもたらす5つの良い事が書かれた記事を紹介します。どれも聞いたことがあるかもしれませんが、理論的に説明されるとより深く理解できるでしょう。

© Bogdan Sonjachnyj/Shutterstock.com

昔、病気を患ったり精神的に辛くなったりした時、医者が患者に旅行に行って海の風でも感じてくるよう勧めていたと言います。医学が発達した現代人が聞くと、しっくりこないかもしれませんが、何か根拠があったからこそでしょう。旅行へいくことは、ただの娯楽ではないのです。科学によると健康面で良い影響があるということです。なので、実際に行ける時間をつくる努力をしましょう。

旅行に行ったからといって病気を治すことはできないかもしれないけれど、いつもと違う景色を見ることで、素敵な時間と写真を撮ることができるし、良い状態を維持することができるでしょう。

もし今、行こうかどうか迷っているのであれば、すぐに実行することをお勧めします。U.S. Travel Associationによると、約54%のアメリカ人は、有給を使い切らずにいるとのこと。旅行に行くべき理由を、これから説明していきます。

01.
ストレスをコントロールする
助けになる

© iStock.com/Oleh_Slobodeniuk

アメリカの現代社会におけるストレスに焦点を当てた、The American Psychological Association の研究発表によると、旅行に出かけることで不安や心配事の原因となるものから離れ、ストレスを自分でコントロールする手助けをしてくれるといいます。自分自身のために休むことで、何事も上手くいくという気分になってくるのです。

02.
心臓にも良いらしい

旅行は、精神的な意味でも、身体的な意味でも心臓に良いとされています。

これは、The Framingham Heart Studyと呼ばれる、長いあいだ行われてきた研究によって説明されています。

この研究では、「どれだけ頻繁に旅行に出かけていたか」という質問を、45〜64歳の女性の参加者に問いかけました。そして20年後、6カ月おきもしくはそれより頻繁に旅行していた女性は、心疾患を患うリスクがより低いことが明らかになったのです。

嘘みたいな話ですよね。

03.
クリエイティビティが高まる

© iStock.com/piola666

私自身も旅先で、執筆やアートにおいてたくさんのインスピレーションをもらっているひとりです。

ある研究によると、「旅行」と「想像力を活性化させること」の間には強い関連性があるということです。なぜなら、単純に旅行に出かけることで新しいことや文化を体験することができるからです。このことが、素晴らしい作品をつくるきっかけを与えてくれることがあるのです。

04.
広い心を持てるようになる

旅に出かけることで、視野が広がって、共感力が備わり、広い心を持つことができるでしょう。旅行サイトのMomondoがおこなった世論調査では、76%もの人が旅行に行くことで、より寛大になり他人を信頼し、うけ入れる心を養うことができたと答えたということです。

05.
人との絆を深く感じられる

© nd3000/Shutterstock.com

Cornell大学の心理学教授、Dr. Thomas Gilovichは、20年以上にわたって「お金」と「幸せ」の相互関係を研究し続けてきました。彼は、研究によって一般的に物を買うことにお金を費やす人よりも体験することにお金を費やす人の方が、より幸福感を得やすく、他の人との繋がりを強く感じることができると判明したことを、Fast Companyに話しました。

さらに、Gilovich氏はこのようにも言いました。

「他の誰かと同じ体験をすることで、その人たちと離れた後も、誰かにその話をするたびにその人たちを思い出すのです」

 

これだけ旅行へ行くべき理由があれば、もう十分ですよね?

Top photo: © iStock.com/Geber86
Text used with permission byElite Daily
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
アメリカ第二の都市・ロサンゼルス。LAの公共交通機関は、都市に暮らす人々の毎日を支えている。そんな「LAメトロ」のCEOが、電車とバスの運賃無償化を検討し...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
ロンドンに拠点を置くラグジュアリーカスタムショップ「Truly Exquisite」が、24Kゴールドで仕上げられた「PS5」の予約販売を受付中だ。
住んでいる場所とIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いことがわかった。
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表。その結果はカフェインは問...
ブランドの好感度には「ラベルに人の姿が描かれていること」が重要なポイントであるわかった。研究者はまた、個人的なワインの好みを調査を行いました。その結果も、...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...