「未来への手紙」はネガティブな感情を軽減させる特効薬【研究結果】

先の見えない非常事態に、疲弊してしまう毎日……。

気晴らしの旅行や宴会も難しいなかで、おうちで試せるストレス解消法をお探しのあなたへ、「未来への手紙」の効果をご紹介。

「京都大学」「こころの未来研究センター」の千島雄太特別研究員らの実験によると、未来の自分を想像して手紙を書くことで、「現在の状態はずっとは続かない」という認識が高まり、ネガティブ感情が軽減することがわかった。

手紙の前後では、恐怖や怒り、悲しみといった感情が和らぐだけでなく、喜びなどのポジティブな感情や、時間的距離化 (現在から距離を置いて長期的な視野を持つ態度)の姿勢も高まるようだ。

研究グループは「社会的距離 (ソーシャルディスタンス)を確保することが要求される世の中で、大変な現状から時間的距離 (テンポラルディスタンス)を取って、パンデミックという現象をより長い目で見ることの意義が示されました」と総括している。

紙とペンさえあれば、いつでもどこでもできる、手紙を書く作業。

手軽さはもちろん、人との接触が不要という側面から、セルフケアの手法として安心して取り入れることができそう。詳しい研究結果はコチラから。

Reference: 京都大学
Top image: © GoodStudio/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
モヤモヤやイライラする気持ちを優しくサポートしてくれるサプリメントが、「UHA味覚糖」と「京都大学」の共同開発によって誕生。
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
利用をはじめると、偉人たちから手紙が定期的に届くというサービス「Letterjoy」。書き手は、リンカーンやアインシュタイン、ナイチンゲールなどすでに亡く...
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
アナログな手紙の可能性を探るプロジェクト「&Post」と、ファッション誌『FUDGE』がコラボした手紙を書くためのオンラインイベント「FUDGE & Po...
もっとも人間に近い猿と言われるボノボ。パッと見てチンパンジーと見分けがつかないのですが、大きく異なるところがあるよう。彼らは繁殖目的だけではなく、食べ物の...
ハーバード大学で心理学を研究するショーン・アコール氏が提唱する、よくない心理ムードを断ち切る「3M」を紹介。
クリスマスに向けて「アメリカ合衆国郵便公社(USPS)」がサンタクロース宛ての手紙を子どもたちから募集。すると、ある少年から1通の手紙が......。
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
2021年1月11日(月)まで、代官山 蔦屋書店にて、今だからこそ伝えたい手紙を書く楽しさや、大切さを体験できるイベント「Letter From 代官山」...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...
「コクヨ株式会社」からクリエイティビティを刺激する新ブランド「PERPANEP(ペルパネプ)」が登場。