研究結果

世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
スマートフォンやパソコンなどでラジオが聴ける無料のサービス「radiko」は、脳科学者・加藤俊徳医師監修のもと、大学生8名を対象に「ラジオを聴き続けると脳...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
「資生堂」によると、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことが研究によって明らかになった。
犬たちは飼い主に喜んでもらうために、ほかの犬と遊んでいる可能性が高いことが、動物行動学者のLindsay Mehrkam博士らの研究でわかった。「飼い主の...
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
学術雑誌『ASTROBIOLOGY(宇宙生物学)』が発表したレポートによると、"superhabitable(地球の代わりになり得る)"惑星24個が特定さ...
「人と人は、なぜ好意を抱いて付き合い、そして、なぜ別れるのか?」というテーマを、科学的に調査した論文が発表された。一方では関係を維持する決め手が、他方では...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
「シカゴ大学」「ペンシルベニア大学」「オーフス大学」の研究者らが発表した論文によると、終末を描いた映画作品を好む人は、コロナ禍の状況にも高い“耐性”をもっ...