【研究結果】「居住可能な惑星」が「24個」も見つかる!

「引っ越すことにします、隣の星へ!」なんて言葉が、近い将来聞けるようになるかもしれない。

学術雑誌『ASTROBIOLOGY(宇宙生物学)』が発表したレポートによると、「superhabitable(地球の代わりになる)」ような惑星が、なんと24個も特定されたのだとか。

そもそも「habitable」とは、「住むのに適した」「居住可能な」を表す英単語。「superhabitable」を銘打つには「生命維持において地球よりも優れているかどうか」について、いくつかの条件を叶える必要があるという。

その条件は「地球より1.5倍重く、10%大きい」「気温が5度高い」などの地球に直結するものや、「10%大きな月を持つ」「誕生から50〜80億年経っている」「酸素の割合が25〜30%である」といった衛星条件をはじめ、ほかにもさまざま。

すでに発見されている4000個以上の太陽系外惑星のなかから、上記を満たす惑星を探すというのは、気の遠くなりそうな作業だ。しかしレポートは、どこか期待感に満ちた書き口で幕を下ろす。

「現段階では、惑星の気温を正確に測ったり、巨大な月が周回しているかを知ることはできない。しかし、未来の科学技術が、私たちに手を差し伸べてくれるはずだ」

ちょっとした宇宙旅行に出かけるようで、読んでいてワクワクするレポートの全文はコチラから。

Top image: © van van/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
この記事では、あなたの職場の上司や友達、恋人の隠れた腹黒さをチェックする心理テストを『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から3問厳選してご紹...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
宇宙空間で栽培されたレタスの研究結果が発表された。驚くべき内容と、その結果が意味することとは?
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
住んでいる場所とIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いことがわかった。
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
「シカゴ大学」「ペンシルベニア大学」「オーフス大学」の研究者らが発表した論文によると、終末を描いた映画作品を好む人は、コロナ禍の状況にも高い“耐性”をもっ...
シドニー大学の研究チームが、次にパンデミックを引き起こす感染症が生まれる地域を推測。11月24日に結果を発表した。
地球から約2,545光年離れた宇宙に、ケプラー90と呼ばれる恒星があります。ケプラー90にはこれまで7つの惑星が確認されていましたが、GoogleのAIを...
2015年12月16日、豪・ニューサウスウェールズ大学研究チームの天文学者たちが、生命が居住できる可能性をもったハビタブル惑星を新たに発見した、と発表。地...
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
正月太りを解消してくれそうなヒントが、カナダの複数の大学研究員による共同研究に隠されていた。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
イスラエルを拠点にする飲料ベンチャー「O.Vine」が調査企業「OnePoll」と共同でおこなったという調査結果を発表。調査では、アメリカ人2000人に水...
9月28日、「ローマ・トレ大学」のSebastian Emanuel Lauro氏などによる研究チームが、天文学や宇宙物理学をカバーする学術雑誌『Natu...