「生命居住可能な惑星」が新たに発見。その距離たったの14光年!

2015年12月16日、豪・ニューサウスウェールズ大学研究チームの天文学者たちが、生命が居住できる可能性をもったハビタブル惑星を新たに発見した、と発表。地球からの距離は14光年。天文学的には目と鼻の先です。 

生命が存在できるかも
新たな惑星が発見!

ニューサウスウェールズ大学WEBサイトによれば、このたび注目が集まっているのは、赤色矮星(せきしょくわいせい)「Wolf 1061」を周回する3つの惑星のうちのひとつ「Wolf 1061c」。チリにあるラ・シヤ天文台から、ヨーロッパ南天天文台の大型望遠鏡で観測した結果、岩石質の地球型惑星である可能性があるそうです。

研究をリードするダンカン・ライト博士はこう語っています。

「この発見の面白いところは、とても穏やかな星だという点です。多くの赤色矮星には、X線放射や太陽フレアの1万倍にもおよぶ爆発"スーパーフレア"があり厳しい環境がほとんどでした」

研究に携わるロブ・ウィッテンマイヤー博士は「大気を詳しく調べられるかもしれない」とコメント。ですが、気になるのはそこに人間が住める環境があるのかどうか…。

人間は住めるの?

KTVQ」によれば、ライト博士はその可能性についてこう付け加えています。

「決して快適とは言えないでしょう。重力が1.8倍あるため、岩石質の惑星だとすれば恒星に面した場所はとてつもない高温にさらされることになり、光が当たらない部分はとても寒くなります。

ただ、銀河には500億の赤色矮星があります。そして、その半数ほどはより小さいもの。あと20年もすれば、この銀河に他の知的生命体がいるのかどうか、もっと多くのことが分かるはずです」

このたび発見された惑星「Wolf 1061c」は、これまでに見つかっているハビタブル惑星の中でも最も地球から近い距離にあるもの。これまで以上に詳しい調査ができるかもしれません。

Reference:UNSW, KTVQ
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
地球から約2,545光年離れた宇宙に、ケプラー90と呼ばれる恒星があります。ケプラー90にはこれまで7つの惑星が確認されていましたが、GoogleのAIを...
9月2日、「ハワイ地球物理学・惑星科学研究所」が月の高緯度帯で赤鉄鉱を発見したと発表。
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
天の川から16万光年離れた矮小(わいしょう)銀河のなかで1987年2月に出現した超新星(SN 1987A)で、中性子星が作られた可能性があるという。
学術雑誌『ASTROBIOLOGY(宇宙生物学)』が発表したレポートによると、"superhabitable(地球の代わりになり得る)"惑星24個が特定さ...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
2015年7月14日、NASAの惑星探査機「ニューホライズン」が冥王星へとたどり着いた。地球からの距離はおよそ48億km。途方もない距離だが、探査機は20...
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
2016年1月20日から、1ヶ月にわたって観測された「惑星直列」。これは、「水星」「金星」「火星」「木星」「土星」の5つの惑星が、太陽に向かってほとんど一...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
「STANLEY」が「WIND AND SEA」とコラボレーション。
およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡。その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全...
月のサイズは直径約3,500キロメートルあると言われています。地球の約4分の1ほどですが、これがもし別の惑星だったらと考えるとどんな様子が思い浮かぶでしょ...
宇宙の旅を想像してみよう。何万光年にも及ぶ途方もない距離を移動するためには、空間を飛び越えるワープ技術が必要不可欠だ。それこそ夢のような非現実的な話に思え...
2016年に制定された「エイリアン・デー」(4月26日)に、1986年公開の映画『エイリアン2』と「リーボック」がコラボしたシューズのスペシャルモデル「U...
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
Airbnbと国際オリンピック委員会(IOC)が共同で新たな体験カテゴリ「オリンピアンによる体験」を提供開始する。