ヨーロッパをたった14日間で回る、アグレッシブな「ロードトリップ」

正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。

米・ペンシルベニア大学のシニアデータサイエンティストでもある彼は、さらにヨーロッパを14日間のロードトリップで楽しむ、弾丸ルートを考案しました。景色をゆったり見る余裕は…きっとないでしょう。

14日間26,211kmで
ヨーロッパを巡る最適解?

48a871fa011078ef55b64d4c2bdd51f8e8eb0d37

回るのは、ヨーロッパの名所全部で45カ所。

西欧、北欧はカバーしていますが、ロシアをはじめとした東欧は車で巡るのが難しく、除外されています。

期間は全部で14日間、総移動距離は26,111km。普通だったら約3ヶ月かかるヨーロッパ一周をこの短期間でできちゃうなんて…にわかには信じがたいすごいルートですよね。

1.インスブルック、オーストリア
2.ミュンヘン、ドイツ
3.パグ島、クロアチア
4.ヴェネツィア、イタリア
5.トスカーナ、イタリア
6.フィレンツェ、イタリア
7.ローマ、イタリア
8.バチカン市国
9.アマルフィ、イタリア
10.ゴゾ、マルタ島
11.ドゥブロヴニク、クロアチア
12.サントリーニ島、ギリシャ
13.リラ修道院、ブルガリア
14.イスタンブール、トルコ
15.シギショアラ、ルーマニア
16.ブダペスト、ハンガリー
17.ウィーン、オーストリア
18.プラハ、チェコ共和国
19.クラクフ、ポーランド
20.ジャガラの滝、エストニア
21.ラップランド、フィンランド
22.アイスバー、スウェーデン
23.ベルゲン、ノルウェー
24.コペンハーゲン、デンマーク
25.ベルリン、ドイツ
26.アムステルダム、オランダ
27.キューケンホフ、オランダ
28.エジンバラ、イギリス
29.インヴァネス、イギリス
30.バリーバニオン、アイルランド
31.モハーの断崖、アイルランド
32.コーンウォール、イングランド
33.ストーンヘンジ、イギリス
34.ロンドン、イギリス
35.ブリュッセル、ベルギー
36.パリ、フランス
37.パンプローナ、スペイン
38.ラゴス、ポルトガル
39.グラナダ、スペイン
40.イビサ、スペイン
41.バルセロナ、スペイン
42.リュベロン、フランス
43.ニース、フランス
44.モンテカルロ、モナコ
45.インターラーケン、スイス

数学上の難問
「巡回セールスマン問題」

いったいどうやって計算しているの?というのも気になるところ。このような「特定の場所をすべて回る最短経路」を考えることは、数学の世界で「巡回セールスマン問題」と呼ばれ、難問としても知られているんです。

「え、そんなのはGoogle Mapがやってくれるんじゃない?」と思ったあなた、その通り。ただしそれは、巡るべきスポットが数個の場合。アメリカ48州の場合、Google Mapのアルゴリズムに入れると全部で2,450通りの答えが出てきちゃうそうです。

計算量が膨大なので、Google Mapの通常の仕様では、10件までしか経由スポットを登録できないようになっています。

遺伝的アルゴリズムを使って
スマートに解決

Olson氏は、これを「遺伝的アルゴリズム」という手法を使って、効率的に計算しているそうです。

遺伝的アルゴリズムとは、たくさんの試行をランダムにさせて、その中から結果が良かったものを残すことを繰り返していく計算法。これは優れた遺伝子が残っていくことで進化が進んでいく生物のシステムを参考にしたものです。

一見回り道のようにも見えますが、複雑な問題を解く場合はこちらのほうが効率的なこともあるんです。

Olson氏のサイトでは、このアルゴリズムを使って自分の好きなスポットを巡る最適経路を割り出すことができます。自分だけの「○日間弾丸旅行」を作ってみるのも面白いかも。

Licensed material used with permission by Randy Olson
異国情緒を感じながらその土地にどれだけ浸透するか。バックパッカーやひとり旅の楽しみ方といえばこれ。だけど、風の向くまま気の向くまま、とはいかない期限付きの...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...
世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、...
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
ロードトリップに欠かせないのが、道路沿いにあって素泊まりできるモーテル。と言いたいところですが存在感は薄れてきているようです。サンノゼ州立大学の教授And...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...