「ヤクザな背中」に惹かれたヨーロッパの古代彫刻たち

ファッションを楽しむちょっとしたタトゥーは別として、私の中で刺青イコール怖い人のイメージ。唯一見たことのある任侠映画『アウトレイジ』の登場人物たちの背中にも立派な刺青があったのを覚えている。それは、彼らの“暴力的な強さ”を強調しているようで、恐ろしいとは思っても美しいとはつゆほども感じられなかった。

だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻が、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。

ヨーロッパ×日本の伝統美

12865506380463ec97563f3a932ccc4d2de1fc50

和彫(わぼり)と、ヨーロッパの偉人達が残した古代彫刻を融合させたこのアート。高貴さを漂わせる大理石の白い肌に、日本ならではの模様の美しさが際立っている。

イタリア人のFabioが、ヤクザやロシアの囚人達からインスピレーションを受けて作られたもの。だけど、日本人に昔から続く「由緒ある美しさ」を教えてくれているように、私には思えて仕方ない。

Bc90e43844eaa89b0ec1a0ee783889ae164a8e73C0fdf9c3bf0c6caa4e9884bdd1e412dc141680ebCbca968ca75d3211a32be6a0234ef2b695e63530C205ec2fbf0075f09205592ebd491d8c1c646ea1E11dab605618814224da0c4bcc6025eec0116403Afaded929fbbbc019e96f08178239b1667fa772710f2933e1e0ec7211ddef9869c7c51f6aff3e94b
Licensed material used with permission by Fabio Viale
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
ファインアーティストのFredrik Raddumによるブロンズ像。私の勝手なイメージかもしれないけど、ブロンズ像ってこう「ビシッ!」と決まっていものだと...
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
私は週刊誌記者として長年ヤクザを取材してきた。そこでつかんだとっておきの「言葉で相手の心をわし掴みにする」術を紹介していこう。01.「頼んだぜ」のひと言が...
いくら世の中で名作と呼ばれていても、芸術作品というだけで“お堅いイメージ”がある。気難しい顔をした『ゴッホの自画像』、すました顔をした『真珠の耳飾りの少女...
ヤクザという稼業は、社会悪と見なされる存在。しかし、その一方で組員に心酔されるばかりか、市民からも厚い信頼を得る親分(組長)や幹部も少なからずいるのが事実...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
ヤクザの世界での上下関係というのは、非常に厳しく我々の想像をはるかに超えている面も多々ある。だが、そこから学べることが多いのも事実。それでは、とっておきの...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
この写真は、とある民家の庭で撮影されたもの。突然オオカミが現れたことで話題になっている。かなり大きい。しかも、この獰猛な目つき。恐いっ!でも…意外と人懐っ...
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
ヨーロッパの486,713地点からローマへの道のりを示したマップが公開。