伝統的な「大理石」を意識した彫刻たちが、あまりにもやる気がない

大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。

そこに命はないのに、まるで生きているようなリアリティを持つ芸術に、圧倒されたことがある人も多いのではないでしょうか。

バルセロナを拠点にするスペインのアーティストGerard Masさんは、伝統的な彫刻を意識しているような作品を生み出し続けています。

が、なんかちょっと雰囲気が違う…?

こんなのアリ?
やる気のない伝統芸術。

ほじほじ。

ほじほじほじほじ。

こちらがGerard Masさんの作り上げた彫刻。

滑らかな肌も柔らかそうに見える衣服も、美しい色合いも伝統的な大理石彫刻の在り方を踏襲しているのに、思いっきり鼻に指を突っ込んでいるのがシュールすぎる。

「間違えてオフのときにうっかり彫刻にされてしまった」というようなかわいらしさもありますけどね…。

え、どういう状況?

というか何を思ってこの表情なの?

小顔ストレッチ?

あ…そちらの世界では、風船ガム流行ってるんですね。美味しいけどね。

昔はなかったでしょうしね。

ただ、上の女性。表情が真剣すぎる。

こちらの方は棒付きキャンディーを舐めていますね。これは。

表情が完全に虚無ですが、何味なのか気になりますね。

CM中の実況席みたいな気の抜けた表情。っていうか、これ髪の中にヘッドホンが入ってるんでしょうか?

全部そうですが、目に光が宿っていない感じが非常に良い味を出しています。

ずっと室内にいたんじゃ?日焼けが痛そうですね。

そうですよね。人に見られるんですから、歯の矯正だってしないとですよね。

 

一応伝えておくと、すべての彫刻が大理石というわけではありません。「大理石の彫刻を意識しているが、ガラスや樹脂などで作ることもある。それは、伝統的な芸術を現在を生きる私のアイディアで表現することで、過去を見つめている。それが私にとって、とても有意義なことなんだ。」Gerard Masさんはこう語ってくれました。

どの彫刻も、飾り気のない女性のありふれた表情を切り取っているようで、じっと見ているとだんだん愛着が沸いてくるから不思議。

愛らしい生活感が、かつての芸術とは別の角度からリアリティを感じさせてくれる、素敵なシリーズと思いませんか?

Licensed material used with permission by Gerard Mas
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ドムドムバーガーの大ヒット商品、期間限定「丸ごと!!カニバーガー」。食べられるのは今のうち!
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
人から注目されることが苦手でも、ぜんぜん大丈夫。
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
エグゼクティブ・コーチ(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)として活躍中の和気香子さんの著書『人間関係の整理術』(クロスメディアパ...
ヘナタトゥーアーティストAzra Khamissaさんが肌を染める作品はラインやドットによるデザイン。曼荼羅とは違う味があるのが魅力です。
伊勢の産物を使ったモノづくりで、「皆様へほんまもんの伊勢のもんを届けたい。長年お世話になった伊勢へ恩返しがしたい」と、伊勢神宮に奉職して38年が過ぎた73...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
どうにも仕事のやる気スイッチが入りきらないときには、自分ひとりでどうにかしようとするよりも、心のこもった料理を食べに行ったり、アーティストが一生懸命歌って...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
11月下旬、五感を使って暗闇を体験する「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク(DID)」が、国立競技場前の「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を新たな拠点...
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
鉛筆の芯や消しゴムで彫刻をするのもよく見るけど、それならもっとカラフルでバラエティに富んだ「おいしそう」な彫刻だってアリ。インドのムンバイを拠点にプロダク...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...