ママ不在のピンチにつくった「子どものためのシチュー」、その材料があまりにも衝撃的

スウェーデン料理のなかに「空飛ぶヤコブさん」というメニューがあります。このネーミング自体かなり飛ばしているように思えてなりませんが、使われている材料がまたビックリ !

その組み合わせ、まさにカオス

チキンとベーコン、バナナ、ピーナッツ、それを生クリームとチリソースで煮る。なんともカオスなこの料理。ところがこれが不思議なもので、チリソースによってバナナの果実っぽさは抑えられ、ピーナッツもカリカリ食感がアクセントになり、エキゾチックな融合が生まれるんですから。

E132fe9aa1586d5cb49ebf5a3a20fc2c53b5bfaa

<材料:2人分>

鶏もも肉:300g
バナナ:1本
ベーコン:4枚
ピーナッツ:40g
塩こしょう:適量 

A 生クリーム:100ml
A 牛乳:100ml
A チリソース:大さじ2

<つくり方>

鶏もも肉に塩こしょうをふり下味をつけておきます。バナナ、ベーコンは1センチ幅にカット。オリーブオイルをひいたフライパンで、鶏もも肉を中火で焼いていき、粗熱がとれたら細かくほぐしましょう。

フライパンにベーコンを入れて中火で熱し、脂が出てきたらピーナッツを加え、カリカリになるまで炒めます。耐熱皿に鶏もも肉、バナナを盛ってAを混ぜかけ、230℃のオーブンで15分。それを混ぜ合わせて、塩こしょうで味をととのえたら器に盛ってできあがり。

ベーコンの塩味が利いたクリーミーなソースが鶏肉に絡んで、ごはんが進む一品です。

「ヤコブさん」は、
実在するパパだった

じつはこの料理、1970年ごろにオーベ・ヤコブというスウェーデン人の男性が、妻が外出しているときに子どものために作った料理が起源とされています。きっと、普段あまりキッチンに立つことのないパパだったんでしょう。だけど、まさかの組み合わせが、意外においしくなっちゃう。これが料理の醍醐味ですから。

カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...
いつもとはちょっと違ったシチューをつくりたい、というときにオススメしたいのがこの料理。旬の魚介類を好きなようにアレンジしてココナッツミルクと一緒に煮込んで...
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉…お肉料理は数あれど、複数のお肉を使ったメニューは、意外と少ないものです。まあ合挽き肉でつくるものは別として。でも、このシチューは牛...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
「クリームシチュー系男子」という言葉を聞いたことがありますか? 強さと優しさの両方を兼ね備えた魅力あふれる男子を意味しています。ここでは、彼らの具体的な項...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
独断と偏見でピックアップしました。
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
空を飛ぶ夢は、昔から空想の対象として語られてきました。空に対する人間の憧れのようなものもあるのかもしれません。しかし、夢の中で空を飛ぶことは、もっと深刻な...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
「棺桶パン」、そのネーミングだけもインパクト十分なのに、見た目はそれ以上に迫力大。いまや、台湾B級グルメの定番として君臨するこのローカルフード。夜市で目に...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
洋食屋の定番、ビーフシチューのハンガリー版「グヤーシュ」を知ってますか?ハンガリーの農民や牧畜民のあいだで親しまれてきた、牛肉と野菜たっぷりのスープです。...
「あなたの国を代表する料理は?」こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)で...
「ニョッキ」といえば、おもにジャガイモと小麦粉を練り合わせてつくるパスタの一種。レストランで食べたり、できたものを買ってくることはあっても、“自宅でつくる...