ココナッツミルクと魚介のマッチングを楽しむシチュー

いつもとはちょっと違ったシチューをつくりたい、というときにオススメしたいのがこの料理。旬の魚介類を好きなようにアレンジしてココナッツミルクと一緒に煮込んでつくるブラジルの定番スープです。

ブラジルおふくろの味
“変わりシチュー”をどうぞ

8fb0c5e863f0f545bfc77700d73800dfefb46960

ブラジル東部バイーア州の郷土料理とされる「ムケッカ」は、いわば海鮮シチュー。なんでも300年くらい前から作られているそうで、アフリカ料理の影響も受けているんだとか。各家庭ごとに、具材や味付けが微妙に違うらしく、この地方のおふくろの味と呼ぶようなものかもしれませんね。

〈材料:2人分〉

・玉ねぎ:1個
・トマト:1個
・ピーマン1個
・にんにく:1かけ
・パクチー:20g
・タラ:2切れ
・殻つきエビ:4匹
・レモン汁:小さじ1
・塩コショウ:適量
・ココナッツミルク:200ml
・オリーブオイル:大さじ1

〈つくり方〉

にんにくとパクチーはみじん切り、玉ねぎ、トマトは一口サイズに、ピーマンは乱切りにします。タラの身は乱切り、殻付きエビは尾を残して殻をむいて背わたを取り、レモン汁、塩コショウを絡めて下処理をしておきます。

鍋にオリーブオイル、にんにく、玉ねぎを入れて中火で熱し、玉ねぎが透き通るまで炒めたら、トマト、ピーマン、タラ、エビを加えてさっと炒めます。

水(300ml)を加えてふつふつするくらいの火加減で15分煮たら、ココナッツミルクを加えて温め、塩コショウで味をととのえて完成です。シチューの横にガーリックライスを添えていただくと、より本場に近いスタイルに。

カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
「クリームシチュー系男子」という言葉を聞いたことがありますか? 強さと優しさの両方を兼ね備えた魅力あふれる男子を意味しています。ここでは、彼らの具体的な項...
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉…お肉料理は数あれど、複数のお肉を使ったメニューは、意外と少ないものです。まあ合挽き肉でつくるものは別として。でも、このシチューは牛...
近年、豆乳やアーモンドミルクでつくる「ビーガンヨーグルト」が女性たちの間で人気です。そこに今、海外セレブが注目する新たなヘルシーフードが登場しました。こち...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
「あなたの国を代表する料理は?」こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)で...
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
鍋の具材に、炒め物に、ナムルに、フォーのトッピングに。大活躍の「もやし」ですが、意外にありそうでないのが、もやしのサラダ使いでは?ここに紹介するのは、南米...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...