旬なのに食べ方がワンパターンな「タラ」を主役に!

冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこない。そこで、今回はちょっと変わったタラのアレンジをご紹介。

大航海時代にさかのぼる
赤道の国ブラジルと、
北海の魚タラの関係

55cdd0ab35b292283be8e67a32d43e62a0a49164

ブラジル人のタラの楽しみ方のひとつに「ポリーニョ・デ・バカリャウ」があります。これはタラの身をたねにしたコロッケのこと。

冬が旬であることからもわかるように、タラは北の海に生息する魚。では、なぜ赤道に近い国ブラジルにタラの料理があるのか。そこには大航海時代にポルトガルによってもたらされた歴史が関係しているようですよ。

〈材料〉

・甘塩ダラ:2切れ
・じゃがいも:2個
・薄力粉:適量
・溶き卵:1個
・パン粉:適量
・塩コショウ:適量

〈つくり方〉

まず、甘塩ダラは皮をむいて一口サイズにカットします。じゃがいもは皮をむいて一口サイズに切ったら、甘塩ダラとじゃがいもを耐熱ボウルに入れてラップをし、600Wのレンジで5分ほど加熱。熱いうちにつぶし、塩こしょうを加えて混ぜます。

それをひとくち大に成形し、薄力粉、溶き卵、パン粉の順でつけて、170℃に熱した油できつね色になるまで揚げたら完成です。 

本場のスタイルは塩をつけて食べるようですが、醤油やソースをかけるのもオススメです。

一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょ...
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
いつもとはちょっと違ったシチューをつくりたい、というときにオススメしたいのがこの料理。旬の魚介類を好きなようにアレンジしてココナッツミルクと一緒に煮込んで...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
冷蔵庫を開けた時に、グリーンピースしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。