風邪でダウン気味の日に食べたい鶏がらスープの「やさしいおかゆ」

ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜかこれがフィリピンの定番料理。いったいどういうコト?

スペインと中国のいいとこ取り
両国の食文化が融合したおかゆ

フィリピンは歴史上、中国とスペイン2つの国の影響を色濃く受けてきた国。イスラム文化圏がこの国に入ってきた14世紀ごろ、中国(明)との交易でも栄えていました。16世紀以降、海を越えてやってきたスペインの統治下におかれることとなったフィリピンの料理には、両方の国の影響を受け継いだものがいまもあるという訳です。

タイにも朝ごはんの定番として、このルーガウに似た鳥のおかゆがあります(ジョーク)が、どちらも日本人の口によく合う、この時期にぴったりなおかゆですよ。

〈材料〉

・米:1/2合
・にんにく:1かけ
・玉ねぎ:1/8個
・しょうが:1かけ
・サラダ油:大さじ1
・ナンプラー:小さじ2
・水:700ml
・鶏がらスープの素:小さじ1
・黒こしょう:適量
・青ねぎ:適量
・レモンスライス:適量
・茹でたまご:適量

〈つくり方〉

にんにく、玉ねぎ、しょうがを薄切りに、青ねぎは小口切りにしておきます。茹でたまごは半分にカット。

フライパンにサラダ油、にんにく、玉ねぎ、しょうがを入れて、玉ねぎが透き通るまで弱火で炒めたら、といだお米、水、ナンプラー、鶏がらスープの素を加えて弱火で30分ほど煮ていきます。

器に盛って青ネギ、レモンスライス、茹でたまごをのせ、黒こしょうをふれば完成です。

冷え込んだ朝に飲みたくなるものといえば、温かい「スープ」。おうちで簡単に作れる一味変わったスープレシピを5つご紹介したいと思います。
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
炭鉱夫たちが採掘に入る前、壺に材料を放り込んで火にかけておく。それがお昼になるとすっかり火が通ってやわらかく。そういう労働者の食事として誕生したスープだそ...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
5月3日、新たに公開されたレシピは、フロリダ州オーランドにある「エプコット」のカナダ・パビリオン内レストランの「チェダーチーズスープ」のレシピ。カナダでは...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
AAランクの高品質なアフリカ産フェアトレードコーヒーを、山形県の雪室で3ヶ月間熟成した「アフリカン・スノーコーヒー」が数量限定で発売に。
今回は恵比寿にある「七宝麻辣湯(チーパオマーラータン)」。自分好みにカスタマイズして食べられる「スープ春雨」。美味しく食べながら身体を内側から元気にしていこっ♡
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
宮崎県・延岡市は、総面積のおよそ80%が山林だという。いまそこで問題になっているのは、誰にも整備されていない「放置竹林」だ。
今週12月3日から、JR東日本の駅構内の自動販売機acureで、日本初となる具入りピリ辛スープの販売がスタートした。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
フランスのスタートアップ「Feed.」が開発したスープ。……とは言っても、販売されている段階ではパウダー状。これにお湯を入れて45秒ほどシェイクすれば、1...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
風邪をひいた友だちに、何か手土産を持っていきたい。そんなときにぴったりのギフトボックスがありました。12種類もの「風邪のときにあったら嬉しいアイテム」が詰...