風邪でダウン気味の日に食べたい鶏がらスープの「やさしいおかゆ」

ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜかこれがフィリピンの定番料理。いったいどういうコト?

スペインと中国のいいとこ取り
両国の食文化が融合したおかゆ

9c051c0e14fefaf622a623280b82fbdb163cef8f

フィリピンは歴史上、中国とスペイン2つの国の影響を色濃く受けてきた国。イスラム文化圏がこの国に入ってきた14世紀ごろ、中国(明)との交易でも栄えていました。16世紀以降、海を越えてやってきたスペインの統治下におかれることとなったフィリピンの料理には、両方の国の影響を受け継いだものがいまもあるという訳です。

タイにも朝ごはんの定番として、このルーガウに似た鳥のおかゆがあります(ジョーク)が、どちらも日本人の口によく合う、この時期にぴったりなおかゆですよ。

〈材料〉

・米:1/2合
・にんにく:1かけ
・玉ねぎ:1/8個
・しょうが:1かけ
・サラダ油:大さじ1
・ナンプラー:小さじ2
・水:700ml
・鶏がらスープの素:小さじ1
・黒こしょう:適量
・青ねぎ:適量
・レモンスライス:適量
・茹でたまご:適量

〈つくり方〉

にんにく、玉ねぎ、しょうがを薄切りに、青ねぎは小口切りにしておきます。茹でたまごは半分にカット。

フライパンにサラダ油、にんにく、玉ねぎ、しょうがを入れて、玉ねぎが透き通るまで弱火で炒めたら、といだお米、水、ナンプラー、鶏がらスープの素を加えて弱火で30分ほど煮ていきます。

器に盛って青ネギ、レモンスライス、茹でたまごをのせ、黒こしょうをふれば完成です。

ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
炭鉱夫たちが採掘に入る前、壺に材料を放り込んで火にかけておく。それがお昼になるとすっかり火が通ってやわらかく。そういう労働者の食事として誕生したスープだそ...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
風邪をひいた友だちに、何か手土産を持っていきたい。そんなときにぴったりのギフトボックスがありました。12種類もの「風邪のときにあったら嬉しいアイテム」が詰...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
ピンクとオレンジ、2色のポタージュがデザイナー(部下)のピンチを救えるか……。
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
ティッシュやのど飴に頼るだけでは不十分。カラダの中からポカポカあったまるドリンクをどうぞ。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。