過重労働にも耐えうるスープ料理

ゴロゴロの牛肉と野菜をトマトベースのスープで煮込んだこの料理。見た目はほとんどポトフが赤くなっただけ。これが、ボスニア・ヘルツェゴビナで働く男たちの「パワーの源」になっているんだそうです。

炭鉱夫たちの元祖「チカラめし」

2f3520fd95a6886a4334dada0b93cbbbe2e7949e
©FOOD CREATIVE FACTORY

このスープ、現地では今も鍋ではなく大きな壺で煮てつくります。もともとは炭鉱夫たちがランチに食べていた男料理で、外で煮炊きするには壺の方が向いていたのかもしれませんね。

採掘に入る前に壺に材料を放り込んで火にかけておく。それがお昼になるとすっかり火が通ってやわらかくなったものにありつける、という具合に。

では、コツいらずの「チカラめし」をどうぞ。

材料:4人分

牛ももブロック:500g
トマト缶:1缶
にんじん:2本
じゃがいも(中くらいのサイズ):3個
玉ねぎ:(中くらいのサイズ)1個
にんにく:(スライス)2片
A 水:350ml
A ローリエ:2枚
A 固形コンソメ:1個
オリーブオイル:大さじ1
塩:小さじ1/2
こしょう:適量
一味唐辛子:適量

作り方

牛モモブロック、にんじん、じゃがいもをひと口大に切っておく。玉ねぎはくし切りに。壺ではなく、ここでは鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかけ、にんにくの香りが立ってきたら火を止めて、カットしたお肉、野菜、Aを加えて20分間煮込んでいきます。

塩コショウで味を整えたらスープ皿に盛り付けて、最後に一味唐辛子を振りかけ豪快にどうぞ!

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲ま...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
ねっとりネバネバの食感がおいしい長芋。秋が旬の食材というイメージがあるでしょうが、じつは春もおいしい時季を迎えています。東北地方では、秋から冬にかけて収穫...