過重労働にも耐えうるスープ料理

ゴロゴロの牛肉と野菜をトマトベースのスープで煮込んだこの料理。見た目はほとんどポトフが赤くなっただけ。これが、ボスニア・ヘルツェゴビナで働く男たちの「パワーの源」になっているんだそうです。

炭鉱夫たちの元祖「チカラめし」

©FOOD CREATIVE FACTORY

このスープ、現地では今も鍋ではなく大きな壺で煮てつくります。もともとは炭鉱夫たちがランチに食べていた男料理で、外で煮炊きするには壺の方が向いていたのかもしれませんね。

採掘に入る前に壺に材料を放り込んで火にかけておく。それがお昼になるとすっかり火が通ってやわらかくなったものにありつける、という具合に。

では、コツいらずの「チカラめし」をどうぞ。

材料:4人分

牛ももブロック:500g
トマト缶:1缶
にんじん:2本
じゃがいも(中くらいのサイズ):3個
玉ねぎ:(中くらいのサイズ)1個
にんにく:(スライス)2片
A 水:350ml
A ローリエ:2枚
A 固形コンソメ:1個
オリーブオイル:大さじ1
塩:小さじ1/2
こしょう:適量
一味唐辛子:適量

作り方

牛モモブロック、にんじん、じゃがいもをひと口大に切っておく。玉ねぎはくし切りに。壺ではなく、ここでは鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかけ、にんにくの香りが立ってきたら火を止めて、カットしたお肉、野菜、Aを加えて20分間煮込んでいきます。

塩コショウで味を整えたらスープ皿に盛り付けて、最後に一味唐辛子を振りかけ豪快にどうぞ!

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
5月3日、新たに公開されたレシピは、フロリダ州オーランドにある「エプコット」のカナダ・パビリオン内レストランの「チェダーチーズスープ」のレシピ。カナダでは...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
今週12月3日から、JR東日本の駅構内の自動販売機acureで、日本初となる具入りピリ辛スープの販売がスタートした。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
「ミズノ」は、同社史上最高の反感性を実現したシューズ用ソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発。接地時のエネルギーをため、それをできる限り逃さないこ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
試合中に選手が倒れると、「魔法のやかん」を持った控え選手が駆けつけ、倒れた選手の顔に水をかける。すると、スッと立ち上がり、何事もなかったかのようにプレーに...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。