名物は「くたくた野菜のスープ」。オランダには海の家ならぬ「湖の小屋」がある

スケート大国オランダでは、冬のあいだ凍りつく川や湖を天然のスケートリンクとして楽しんでいるそうです。周囲には、日本でいうところの“海の家”感覚の小さな小屋が立ち並びます。一番人気は、湯気の立つあったかいスープです。

くたくた野菜がおいしい
「エルテンスープ」

3f4964d141ed6c466bbaff49cd9aeedccd63dbdb

ポタージュのように野菜をくたくたになるまで煮てつくるのが、「エルテンスープ」と呼ばれる本場の味。調理時間を省くため、ここではミキサーでなめらかにしてから煮込んでいきます。

〈材料:2人分〉

・グリンピース(冷凍):200g
・セロリ:1/2本
・長ネギ:1/4本
・ベーコン:2枚
・ソーセージ:2本
・ローリエ:1枚
・水:600ml
・固形コンソメ:1個
・塩こしょう:適量

〈つくり方〉

セロリ、長ネギはみじん切り、ベーコン、ソーセージは1センチ幅にカットします。鍋に水と固形コンソメを入れて強火で熱し、沸騰したらセロリ、長ネギ、グリンピース、ローリエを加えてふつふつするくらいの火加減で10分煮ていきましょう。ここでミキサーの登場。ローリエを取り除いて、粗熱をとった鍋の中身をなめらかになるまで混ぜます。

ふたたび鍋に戻し入れて強火で熱し、煮立ったらベーコン、ソーセージを加えてまたふつふつ。これを5分。味付けは塩こしょうでととのえて。

写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲ま...
いろんなストーリーが浮かんできます。
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
ねっとりネバネバの食感がおいしい長芋。秋が旬の食材というイメージがあるでしょうが、じつは春もおいしい時季を迎えています。東北地方では、秋から冬にかけて収穫...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
くわいの生産量日本一の広島県福山市の「くわいぽたーじゅスープ」を紹介する。くわいは普段はなかなか市場に出回らず、身から芽が伸びている形から縁起物としておせ...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
トマト、オリーブ、鶏肉などを炒めた上にチーズをのせてオーブンで焼き上げる…こうつくり方だけ聞くと、南欧料理を想像してしまう。けれどこれはベネズエラ沖合のカ...
フィンランドおふくろの味、というくらい現地で親しまれているスープがあります。サーモンと野菜、牛乳で煮込んだ家庭的な味には、心地よい睡眠をサポートする栄養素...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...