じつは、にんじんのオレンジ色は「つくられたもの」だった。

突然ですが、「にんじん」の色と聞いて、オレンジ以外を想像することができますか?

実のところ、最近では写真のような茶色や紫色のにんじんも市場に出回るようになってきましたが、こうした「オレンジ色でないにんじん」の方が品種としてはずっと古く、私たちのよく知るあのオレンジは、品種改良の末に生まれたもの。知ってました?

品種改良の末にたどり着いた
オランダ王家を讃える色

にんじんと言えばオレンジ色、これと同じくらいオレンジの印象が強い国オランダには、「オレンジ家」という王家の家系がいるそうです。この家系を讃える取り組みのひとつとして、にんじんの品種改良が進められたという逸話が残っていました。なんでも、中東原産でヨーロッパに渡ってきたにんじんを、オレンジ色になるまで人工受粉を行って、改良を加えたんだとか。

こうしてできあがったのが、誰もが知るあの鮮やかな色。では、そのオレンジ色を活かしたオランダ料理を1品ご紹介。

肉料理の付け合わせに
「ヒュッツポット」

2e3208701a2aa1ca0040690bac0acb89ec7253e1

<材料:2人分>

・じゃがいも:2個
・にんじん:1本
・玉ねぎ:1/4個
・バター:10g
・水:300ml
・顆粒コンソメ:小さじ1
・ローリエ:1枚
・塩こしょう:適量
・ソーセージ:適量 

<つくり方>

じゃがいもは皮をむいて1センチ角くらいに切ります。にんじん、玉ねぎは粗みじんに。これらを鍋に水、顆粒コンソメ、ローリエとともに入れて強火で熱し、沸騰したらふつふつするくらいの火加減で水気がなくなるまで煮ていきます。ローリエを取り出したらマッシャーでつぶし、バターを加えて塩こしょうで味をととのえたら、茹でたソーセージを添えて完成です。

フランスの「キャロット・ラペ」といえば、フランス風にんじんの千切りサラダ。これと瓜二つのものがスペインにもあります。こちらは「エンサラダ・デ・サナオリア」...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
どんなに忙しい日でも、「おいしい」に妥協したくない人たちの冷蔵庫には、つくりおきのお惣菜がいくつもあるものです。すぐに食べられる常備菜をつくっておけば、何...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
ミートボールに代表されるように、ひき肉を使った料理が多いデンマーク。なかでもボリューム満点で、日本人にも親しみやすいガッツリ系のメニューを紹介しましょう。...
朝、トーストしたパンにバターを塗ったら、その上に細かいチョコレートをたっぷり振りかけて。これ、オランダ人からすれば常識。チョコレートスプレーのようなカタチ...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
多少大げさかもしれないけど、いまや新たな「国民食」になりつつあるパンケーキ。でも、アメリカンスタイルのふわふわばかりがパンケーキではありません。たとえば、...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
洋食屋の定番、ビーフシチューのハンガリー版「グヤーシュ」を知ってますか?ハンガリーの農民や牧畜民のあいだで親しまれてきた、牛肉と野菜たっぷりのスープです。...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
「ニョッキ」といえば、おもにジャガイモと小麦粉を練り合わせてつくるパスタの一種。レストランで食べたり、できたものを買ってくることはあっても、“自宅でつくる...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...