ソーセージはケチャップよりも「カレー」がナイスフィーリング♪

ベルリンの市場をたずねると、必ずと言っていいほど店を構えているのが「カリーブルスト」のスタンドです。スタンドの前に立って声をかければ、店主から「皮なし?」「皮あり?」と無愛想に聞かれることでしょう。

多めの油でこんがり揚げ焼きにされるカリーブルストを眺めながら、できあがりを待ち、熱々をほおばる。これが格別なんです。

95b6ab2c65e7b79cef482991180a39b79a66f692

ベルリンの名物カリーブルスト(カレー風味のソーセージ)の歴史は比較的浅く、第二次大戦後に誕生した料理なんだとか。

皮なしと、皮あり、両方のレシピを紹介しましょう。まずは皮なしから。

<材料:6本分>

豚ひき肉:400g
塩:小さじ1/3
しょう油:小さじ1
カレー粉:小さじ1
おろしにんにく:小さじ1/2
黒こしょう:小さじ1/2 

<つくり方>

すべての材料をボウルに入れて、粘りがでるまでこねたら6等分に。ラップで包んだら両端をねじり、たこ糸で結び成形します。鍋にお湯を沸かし、火を弱めてラップのまま投入。ふつふつする程度の火加減で茹でること20分。取り出したら、フライパンを中火で熱し、ラップをとった豚ひき肉の表面をこんがりと焼いて完成。

おすすめの付け合わせはフライドポテト。カレー風味のソーセージに揚げたじゃがいもだなんて、おいしくないはずがありませんよね。

 

続いては、皮ありバージョンのつくり方。

<材料:6本分>

ウインナーソーセージ:4本
カレー粉:適量

A カレー粉:小さじ1/2
A トマトケチャップ:大さじ2

<つくり方>

ウインナーソーセージを茹でたら3センチ幅にカット。器に盛ったらAを混ぜ合わせたカレー風味のソースをかけ、さらにカレー粉をふって完成。

熱々をそのまま食べてもおいしいけど、ときにはパンにはさんでカリーブルストドッグに。いろんな食べ方を楽しんでみてはいかが?

このふたつ、明確に使い分けている!という人はかなり通なイメージ。なにが違うんでしょう?ドヤ顔で説明するチャンスを得るべく、ちょっと調べてみました。「ソーセ...
2018年、ついにケチャップは新時代に突入。
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
ハム、ベーコン、ソーセージなどを食べ続けることで、大腸ガンのリスクが増す。2015年10月世界保健機関(WHO)が発表した調査結果に、みな一様の驚きがあっ...
これはドイツ西部ラインラントの名物料理、直訳すれば「空と大地」。まるで歌のタイトルのようなネーミングですよね。空、大地がそれぞれ表すものが、木の上にたわわ...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
カフェやレストランでウェイトレスに向かって、「熱い愛をください!」と言っても目をまん丸くされないのは、もしかしたらドイツくらいかも。こんなラブコメのセリフ...
季節ごとにおいしいタコが出回りますが、春のタコはとくに柔らかく、淡白な味わいが特徴。いまの時期にぴったりなメニューを紹介します。モーリシャス料理ですが、日...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。