タコとカレーの恋ものがたり。出会いは島国モーリシャス

季節ごとにおいしいタコが出回りますが、春のタコはとくに柔らかく、淡白な味わいが特徴。いまの時期にぴったりなメニューを紹介します。モーリシャス料理ですが、日本人の味覚にもぴったりな「タコのカレー煮」をどうぞ。

タコを受け入れる素地は
植民地時代の多様性にアリ?

インド洋に浮かぶ小島モーリシャスは、オランダ、フランス、イギリスと大国の植民地であったため、各国の文化が入り混じる独特の風土が生まれました。また、古くからインド系商人の貿易拠点としても栄え、現在でもインドからの移民が半数を占めています。

ところで、インド人はタコを食べるカルチャーがありません。けれど、魚介が豊富に獲れるモーリシャスにおいてだけは、インド風のスパイスでタコを煮込んだこの料理が生まれたようです。

手順はいわゆるカレーのそれ。香辛料を混ぜてつくったスープでタコを煮込んでいきます。

A043471965f1bd54e98668d95a09320fc59befc4

〈材料:2人分〉

タコ:200g
にんにく:1かけ
しょうが:1かけ
玉ねぎ:1/2個
パクチー:20g
カレー粉:大さじ2
トマト水煮缶:1缶(400g)
水:200ml
塩こしょう:適量
油:大さじ1

〈つくり方〉

にんにく、しょうが、玉ねぎ、パクチーをみじん切りに、タコはひと口サイズにカット。フライパンに油とにんにく、しょうがを入れて弱火で熱し、香りが立ったところで玉ねぎを加えて中火で透きとおるまで炒めます。カレー粉、トマトの水煮、水、パクチーを加えて20分煮たらタコを加えてさらに5分。最後に塩こしょうで味をととのえて完成です。

突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
イベリア半島の北西部に位置するガリシア地方。豊富な魚介類をシンプルに味わうならば、この地域に勝る場所はありません。今ではスペインのどこにいっても食べること...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なスパイスカレーで、15種類以上の調味料を使いながら仕上げている。美容や冷え対策にも効果的な調味料も含...
タコとアザラシ。この異色な組み合わせで、熾烈な闘いが起こりました。カナダ、ビクトリア市で撮影された「Viral Hog」の動画には、その対決の一部始終がお...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
ベルリンの市場をたずねると、必ずと言っていいほど店を構えているのが「カリーブルスト」のスタンドです。スタンドの前に立って声をかければ、店主から「皮なし?」...
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...