タコとカレーの恋ものがたり。出会いは島国モーリシャス

季節ごとにおいしいタコが出回りますが、春のタコはとくに柔らかく、淡白な味わいが特徴。いまの時期にぴったりなメニューを紹介します。モーリシャス料理ですが、日本人の味覚にもぴったりな「タコのカレー煮」をどうぞ。

タコを受け入れる素地は
植民地時代の多様性にアリ?

インド洋に浮かぶ小島モーリシャスは、オランダ、フランス、イギリスと大国の植民地であったため、各国の文化が入り混じる独特の風土が生まれました。また、古くからインド系商人の貿易拠点としても栄え、現在でもインドからの移民が半数を占めています。

ところで、インド人はタコを食べるカルチャーがありません。けれど、魚介が豊富に獲れるモーリシャスにおいてだけは、インド風のスパイスでタコを煮込んだこの料理が生まれたようです。

手順はいわゆるカレーのそれ。香辛料を混ぜてつくったスープでタコを煮込んでいきます。

〈材料:2人分〉

タコ:200g
にんにく:1かけ
しょうが:1かけ
玉ねぎ:1/2個
パクチー:20g
カレー粉:大さじ2
トマト水煮缶:1缶(400g)
水:200ml
塩こしょう:適量
油:大さじ1

〈つくり方〉

にんにく、しょうが、玉ねぎ、パクチーをみじん切りに、タコはひと口サイズにカット。フライパンに油とにんにく、しょうがを入れて弱火で熱し、香りが立ったところで玉ねぎを加えて中火で透きとおるまで炒めます。カレー粉、トマトの水煮、水、パクチーを加えて20分煮たらタコを加えてさらに5分。最後に塩こしょうで味をととのえて完成です。

他の記事を見る
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
南半球のインド洋に浮かぶ島国モーリシャスで一際目立つブティックホテル「SALT of Palmar」。ビビッドカラーと白黒のストライプが特徴的。
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました!白洲正子の叔父にあたる人物が、シンガポールで食べて気に入...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
イベリア半島の北西部に位置するガリシア地方。豊富な魚介類をシンプルに味わうならば、この地域に勝る場所はありません。今ではスペインのどこにいっても食べること...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
先日、フェストフードチェーン「タコベル」のタコスソースが人の命を救うという出来事がありました。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。