モーリシャスであえて「ブティックホテル」に泊まる

ターコイズブルーやエメラルドグリーン、イエローといったカラーに、大胆な白黒のストライプが目を引く建物。南半球のインド洋に浮かぶ島国モーリシャスにあるホテル「SALT of Palmar」。

デザインを手掛けたのは、ロンドンを拠点とするアーティストCamille Walala。ビビッドカラーと彼女のデザインスタイルのひとつとも言える白黒のストライプが、目の前に広がる真っ青な海と調和しつつも存在感を放ちます。

これは、モーリシャス独特の美しさを意匠に反映させて欲しいというホテル側の要望があってのこと。例えば、エメラルドグリーンは植物、イエローは太陽を象徴。滞在すれば気分がアガりエネルギーをもらえそう。

ホテルにはベーカリーやレストラン・バーのほか、「Skill Swap」と呼ばれるゲストとローカルが互いのスキルを交換し合い学べるプログラムも用意。陶芸や釣り、籠づくりが体験できます。

セレブにも人気な高級リゾートが多いモーリシャスですが、こういうブティックホテルに泊まるのもアリ!

©2019 Tekla Evelina Severin
©2019 Tekla Evelina Severin
©2019 Tekla Evelina Severin
Reference: SALT of Palmar
Top image: © 2019 Tekla Evelina Severin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事