負の遺産を爽快なホテルに変えて
国の玄関近くからもてなすスリランカ

旅行ガイドブック「Lonely Planet」が2019年に訪れるべき国ランキングで1位に挙げる国、スリランカ。

10年ほど前の内戦終結から、観光産業が著しく成長しているのですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルがお迎えしてくれるのも評価される一因のようです。

そのホテルの名は「The Wallawwa」。

主要空港であるバンダラナイケ国際空港からクルマで約20分ほどにあり、人気のリゾートエリアまでの距離に比べて、立地だけで言えば「空港近く」といったところ。

でも、ビジネスライクではなく、緑豊かな庭園や木漏れ日を浴びたプールなどがあるリゾート気分が満喫できる仕様。ここが18世紀、イギリス植民地時代の邸宅を改装したものだと説明されれば、なるほどと頷ける内容です。ちなみに、名前の「Wallawwa」は、当時の言葉で「邸宅」を意味する語。

建物は、第二次世界大戦中、建物はイギリス空軍の本部の一部としても利用されていました。

現在は観光などで注目をされるようになったスリランカですが、つい10年ほど前まで植民地化されたり内戦が続いたりと暗い過去もあります。ただ、そんなマイナスの歴史の遺産をうまく活用し、心地よさに満ちたホテルが、主要空港の近くに佇んでいる……。こんなたくましい姿があるからこそ、観光先として期待されるているようです。

Top image: © 2019 Teardrop Hotels
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
スリランカのヤーラ国立公園近くに位置するロッジ「Wild Coast Tented Lodge」。テントスタイルの全28室の客室はすべて白くて丸みを帯びた...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...