「サファリ×リゾート」体験の
ハードルを下げてくれるスリランカ

今、世界中の旅行者から熱い視線を送られているスリランカ。外資系企業や日本企業も注目し、進出しています。

そんなスリランカへ行くことができたなら、一度はラグジュアリーにスリランカならではの体験をしたい……。そこで、オススメしたいのが5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。

近くには、国内に点在する22の国立公園の中で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国立公園」があります。200種類以上の鳥類と40種類以上の哺乳類、そして400頭以上もの象が生息していて、強いていうならスリランカのサファリパークってところ。

ホテルから数分ほどのところに入り口があり、この国立公園へのツアーもホテルが催行します。朝日も見られる早朝出発や昼過ぎまでゆっくりできる午後出発が設定されています。

さまざまなロケーションにリゾートがあり、ラグジュアリーな雰囲気をそのままにディープな体験をするのも容易なスリランカ。そんなところが、今年注目される理由のひとつかもしれません。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
スリランカのヤーラ国立公園近くに位置するロッジ「Wild Coast Tented Lodge」。テントスタイルの全28室の客室はすべて白くて丸みを帯びた...
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
専門店に負けないスリランカカレー。それもビュッフェスタイルで!
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
スリランカ大統領府は6日、森林保護のためチェーンソーの輸入禁止、そして、5年以内にスリランカ国内の製材所を閉鎖する方針を発表しました。
スリランカ政府は、同国を訪れる観光客に対し「渡航費」が安くなるようなサポートの実施を決定。半年間、コロンボ空港を利用するフライトで実施する。
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...