自然味に溢れた
オリエンタルな世界に浸れる
スリランカのフェス

旅行ガイドブック「Lonely Planet」が2019年に訪れるべき国ランキングで1位に挙げる国、スリランカ。もしもアナタが訪れるとしたら、何をしたいですか?

世界遺産巡りにアーユルヴェーダ?おいしい紅茶にカレー?いやいや、そういった定番よりスリランカを味わうなら、音楽フェス「Atman Festival」。

あまり馴染みがない国のフェスと聞くとぶっちゃけ想像するのが難しい……。で、あまり知らないし小規模なのかと勝手に思い込んでいたら、およそ1週間にわたって開催するビッグイベントとのこと。

下にも紹介したInstagramの写真を見ると、オリエンタルな装飾が会場に並びます。木々で編まれた……いや、組まれたステージは、蛍光色の装飾や大掛かりな照明、ステージによる各地のフェスとは違う独特の雰囲気が醸されてます。音楽だけじゃなく、会場の空気も手伝ってのグルーブ感が、このフェスでは味わえそうです。

会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したものや廃棄物をリサイクルしたものでほぼ賄うとのこと。どれも、緑豊かなスリランカの自然を守るためです。

同国の強みでもある自然を活かし、その中で思う存分楽しむ。そして、その後は自然に還す。現在、人気観光地としてブームといえるスリランカですが、資源を大切にし続けるその姿に、さらに好感度が上がりそうです。

Top image: © iStock.com/PeopleImages
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
スリランカのヤーラ国立公園近くに位置するロッジ「Wild Coast Tented Lodge」。テントスタイルの全28室の客室はすべて白くて丸みを帯びた...
世界遺産に登録されているスリランカの熱帯雨林「シンハラージャ自然保護区」をZoomでつないでの、オンラインバーチャルエコツアーが開催される。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...