いまだからこそ!スリランカで「贅沢ホリデー」

リゾート開発が進み、年々、順調に観光産業が成長してきたスリランカ。旅行ガイドブック「Lonely Planet」の2019年に訪れるべき国ランキングで1位に輝くほど、近年では旅行先として注目されています。

ただ、同年4月の同時爆発事件以降は、以前までの賑わいがウソだったかのように閑散としてしまった時期も……。

でも、そんなことで引き下がるような国ではないのがスリランカ。同国には、2009年まで続いていた内戦後、「人気観光地」としての地位を獲得するまで懸命に努力してきた“意地とプライド”があります。

現にいま、観光客の減少を食い止めようと、政府を中心にさまざまな施策が打ち出されているのです。

つまり、旅行者としてスリランカへ行くなら、この時期がチャンス!

観光誘致のための施策に
「ビザの無償化」も

©2019 NEW STANDARD

スリランカ政府が打ち出したいくつかの施策のなかで、まず注目したいのが「観光ビザの無償化」です。

この施策はすでに実施されていて、2020年1月31日までのあいだ、観光ビザの申請は不要になります。旅行の際に手間が省けるのはもちろん、これまでは事前のオンライン申請で35ドルかかっていたビザ代が浮き、現地の旅費にまわすことができるというわけ。

もともと好調だった観光産業をさらに活性化させるために考案されていた施策ですが、4月に起きた事件が原因で延期となっていました。その後、落ち込んでしまった観光客数を回復させるべく、もともとは39ヵ国が対象だったのを48ヵ国に広げ、8月1日から実施されることとなったのです。

他にも、スリランカ政府は、同国の観光局に登録する旅行代理業やホテルなどを対象に、観光分野での付加価値税を期間限定で減税。このようにさまざまな施策を打ち出しています。

スリランカを満喫するなら
いまは断然「ウェルネス」重視

©2019 NEW STANDARD

そんなスリランカに興味がある人なら、同国が見所たっぷりなのもご存じのはず。決して広くない国土に世界文化遺産が6つ、世界自然遺産が2つもあります。また、スパリゾートやアウトドアアクティビティも充実。

いろいろな角度から愉しむことができる国ですが、いまオススメするなら「ウェルネス」を軸にした旅です。リラクゼーションや健康増進に重点を置く「ウェルネスツーリズム」は、世界的にみても急成長していています。

そしていま、スリランカもこの分野に注目。それもそのはず、ヨガや瞑想などのサービスを提供するスパリゾートなどが多数あって、アーユルヴェーダも盛んだからです。

TIME誌の「The World's 100 Greatest Places(世界の最も素晴らしい場所100)」をはじめとする数々の賞を受賞するようなウェルネスリゾートもあります。

スリランカは、世界中から訪れる多くの人たちを癒やしているのです。

©2019 NEW STANDARD

さまざまな「癒し」のなかでも、スリランカといえばアーユルヴェーダ。

同国には、医師の診断を受けながら本格的に取り組みたい人からゆるく楽しみたいというビギナーまで、誰もが満足できるアーユルヴェーダを体験できるホテルや施設が点在しています。

ただ、実際に行くとなると、「どこを選べばいいかわからない」と悩んでしまう人も少なくないでしょう。

そんな人には、南海岸に位置する「Barberyn Reef Ayurveda Resort(バーべリン リーフ アーユルヴェーダ リゾート)」がいいのでは?

©Barberyn Reef Ayurveda Resort, ©2019 NEW STANDARD

ここは、スリランカで初めて外国人観光客向けにアーユルヴェーダの施術を始めたリゾート施設。同国のウェルネスツーリズムにおいてパイオニア的な存在です。

施設内には治療方法などの研究を行うバーベリン・アーユルヴェディック・ヘルス・センターが併設されていたりと、ここで受けられるアーユルヴェーダはかなり本格的。医師や薬剤師、セラピストも常駐しているから、初めての人でも安心できる環境が整っているのです。

目の前が海という最高のロケーションでもあるので、羽を伸ばしつつ贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。

同施設では滞在費(スタンダードルーム/シングル 1泊約1万1000円)とは別に治療費(1日約1万円)もかかります。

このように、本格的なアーユルヴェーダを体験しようと思うと旅費は決して安くはなりません。でも、「インド洋に浮かぶ真珠」と呼ばれる島国に時間を費やして行くのであれば、それくらいの贅沢をしたっていいでしょう!

そしてなんといっても、いまなら自分へのご褒美を“お得”に味わうことができるんですから。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
スリランカのヤーラ国立公園近くに位置するロッジ「Wild Coast Tented Lodge」。テントスタイルの全28室の客室はすべて白くて丸みを帯びた...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
専門店に負けないスリランカカレー。それもビュッフェスタイルで!
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
スリランカ政府は、同国を訪れる観光客に対し「渡航費」が安くなるようなサポートの実施を決定。半年間、コロンボ空港を利用するフライトで実施する。
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
スリランカ大統領府は6日、森林保護のためチェーンソーの輸入禁止、そして、5年以内にスリランカ国内の製材所を閉鎖する方針を発表しました。
スリランカ最南端の町マタラの海岸線。水平線の向こう、足早に落ちていく太陽が、とき色に空を染めている。浅瀬に突き立てた棒の上で男たちは、指先に伝わるかすかな...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...