ビュッフェ一本勝負でも、ビシビシ伝わるスリランカ@信濃町

ビュッフェ一本勝負でも、ビシビシ伝わるスリランカ@信濃町

信濃町のスリランカ料理店「バンダラ ランカ」がランチビュッフェのみで勝負するのにはワケがある。

キッチンがカフェ仕様のため、個別メニューに対応しうる設備に乏しい。そのため料理はその日のランチ分のみ毎朝シェフが用意する。

正直、どちらもネガティブな要素でしかない。ところが、それを補って余りある中毒性の高いスリランカカレーがとにかく美味い。南の島へトリップしたような空間もいい。ビュッフェの概念が変わる。

単品料理では伝えきれない
スリランカ食文化の多様性

©2019 HIROMU INOUE

「ランチとはいえ、アラカルトメニューだとお客様がどれか1つに選ばないといけません。あれこれ試せるビュッフェのほうがスリランカ料理のバラエティを楽しんでいただけますからね」。オーナーのバンダラさんは、“バラエティ”という言葉に力を込める。

カレーと副菜を合わせると常時15種類ほどが並ぶ。けれど、ビュッフェにありがちな冷え固まったり、表面に膜が張ってしまうような料理はない。カレーからはきちんと湯気が立ち、複雑なスパイスの香りを放射しているし、おかずの量が減れば、首尾よくキッチンからアツアツの料理が追加される。

なるほど。やむなくビュッフェスタイル、というわけでもなさそうだ。

ちなみに、シェフは同郷キャンディの一流ホテルで長く腕をふるってきた本格派。バターや油を多用するインドカレーとは異なり、ココナッツオイルでつくるスリランカのカレーはヘルシーで胃もたれがしない。

それでも刺激的な辛さもあれば、とことんマイルドでやさしい料理もある。見た目も味わいも、濃淡はじつに多様だ。

©2019 HIROMU INOUE

食後にデザート2品とセイロンティーがつく「スリランカランチビュッフェ」1,800円(税込)。土日祝は2,000円(税込)

©2019 HIROMU INOUE

ターメリックで色付けされたタイ米と、スリランカの赤米を皿に盛る。どちらもパッサパサ。だが、これも計算。カレーソースが米に吸収されたとたん、ふくよかに変化する。日本米ではこうはいかない。

肉を使ったカレーは1つにとどめ、野菜がメニューの中心。珍しいジャックフルーツやバナナの花をスパイスで炒めたものもある。肉のカレーを多くの野菜料理と混ぜながらいただくスタイルも、スリランカならではの食習慣だ。

 

肝心の味は2品だけご紹介。あとは自身の舌で!

「ダルカレー」は傑作。
よくあるシャパシャパなものでなく、こちらは水分の少ないぽってりタイプ。ココナッツミルクが甘さを生みだし、さざ波のようにコクが押し寄せてくる。

「大根のテルダーラ」も忘れちゃいけない。
鰹節に似た風味はモルディブフィッシュによるもの。和食と同じように出汁をとるスリランカ。最深部にまで染み込んだ出汁の旨みにDNAが呼応する。

胃袋にしみるスパイス
心にしみるホスピタリティ

©2019 HIROMU INOUE

ピーク時ともなればビュッフェサーバーの回転は加速度を増す。けれど依然ホールはバンダラさんによるワンオペ。空になったお皿をタイミングよく下げたかと思えば、手づくりデザートと紅茶が代わりにやってくる。これが絶妙。満ち足りたお客の仕草や表情をこの人は見逃さない。

糊の効いたシャツにスーツベストという身ごしらえも、流暢な日本語も、ペニンシュラやザ・リッツ・カールトンをはじめラグジュアリーホテルのレストランを渡り歩いて培ったホスピタリティなんだろう。

数だけ豊富な大皿料理のセルフサービスとはわけが違う。バンダラ ランカはスパイスカレーファンならずとも、ビュッフェだけで人を虜にする。

©2019 HIROMU INOUE

「バンダラ ランカ」

TEL:03-6883-9607
営業時間:11:00〜14:00
定休日:月曜日
※ディナーは事前予約制(5名以上から)
HP:https://www.bandaralanka.jp/

Top image: © 2019 HIROMU INOUE

おすすめ記事

» Dancing Crab 新宿(おいしい動画)

» Luke's Lobster 新宿(おいしい動画)

» Y. Y. G. Brewery & Beer Kitchen(おいしい動画)

東京で味わう「本場」。今夜のレストラン候補にどうぞ!
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
今日のスパイスカレーブームを牽引してきた、東京・中目黒の老舗スリランカ料理店「セイロン イン」。オススメはフィッシュカレーです。
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
スリランカのヤーラ国立公園近くに位置するロッジ「Wild Coast Tented Lodge」。テントスタイルの全28室の客室はすべて白くて丸みを帯びた...
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
人気観光地として注目されるも、4月のテロ事件で一時期は観光客数が落ち込んでしまったスリランカ。同国の政府を中心に、観光客数の回復を目指してさまざまな施策が...
スリランカ最南端の町マタラの海岸線。水平線の向こう、足早に落ちていく太陽が、とき色に空を染めている。浅瀬に突き立てた棒の上で男たちは、指先に伝わるかすかな...
スリランカ大統領府は6日、森林保護のためチェーンソーの輸入禁止、そして、5年以内にスリランカ国内の製材所を閉鎖する方針を発表しました。
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。