デリカシーのあるシシケバブ@練馬

ケバブと聞いてドネル(回転式)のファストフードをイメージする人は多い。けれど、ガツンと串刺しの塊肉は専門店で味わってこそ。シシケバブはトルコ料理の醍醐味だ。

肉汁したたる赤肉や香ばしく焼いた若鶏ならば、どんな専門店でも味わえる。紹介したいのは練馬「ドルジャマフセン」。ここでしか味わえない驚きのシシがある。

「ドルジャマフセン」

TEL:03-3992-2030
営業時間:17:00〜L.O.23:30(日曜日のみ21:30)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)
HP:https://doluca-mahsen.com/

出会えるかは運次第
子ひつじのハツ

©2019 HIROMU INOUE

「ラムハツのチョプシシ」 1800円(税込)

串に刺さるのは北海道産の子ひつじの心臓(ハツ)。レバーですら珍しいところ、ハツをケバブで提供する。奇をてらってのものじゃない。れっきとしたトルコ庶民の味。炉端焼き店(オジャクバシュ)の定番ケバブだ。

鮮度が勝負なだけに、専門店とてなかなか手を出しづらい代物だそうだが、それが名物料理というのだから、この事実だけでもう何をオーダしても間違いなし。では?

臭みのなさがその証。香辛料まみれといった印象もない。上品な焼き鳥の塩加減のごとく、デリカシーのある味がする。ただし、ありつけるかどうかは運次第。なにせ手に入ったときのみのメニューだから。

圧巻はトルコ式の食べ方。

ラムハツの下に敷かれたエキメキ(トルコの薄いパン)を手のひらに取り、熱々のハツを握るようにして串から抜く。ハツから出た旨みエキスは残らずエキメキがキャッチしてくれる。最後に皿をきれいに拭き取るよりも効率がいい。玉ねぎのサラダも一緒にはさめば適度な辛味にワインが進む進む。

こちらも、目が覚めるほどウマイ

©2019 HIROMU INOUE

一人前からも楽しめる「前菜4種のミニメゼ」1250円(税込)

©2019 HIROMU INOUE

揚げナスに煮込み野菜を詰めた冷製「イマムバユルドゥ」850円(税込)

ちなみに、豊富な野菜料理も外せない。小皿のメゼ(前菜)をアペタイザーにしたり、豆を使ったサラダや冷製をつまみにワインを飲むのもいい。本来はこのあとケバブが正統派スタイルだけど、ベジタリアンでもトルコ料理は十二分に楽しめる。

圧巻は、長ネギをオリーブオイルで煮込んだ「プラサ」。すき焼きでくたくたになったネギに通づる食感が心地いい。もちろん味付けは別物だけど、ネギの甘さが口内に炸裂する。

和食に慣れ親しんだ舌が、トルコ料理に通底する“素材の旨み”をなんなく受け入れる。だからだろう、初体験でも懐かしさを覚えてしまう。

仄暗い照明に理由あり

©2019 HIROMU INOUE
©2019 HIROMU INOUE

ところで、この店の照明は驚くほど暗い。

モザイクランプから漏れる生めいた水彩色が壁を照らすほかは、目立った明かりがほとんどない。ついでに壁にツタが絡まっていたり、スチームパンクな配管がテーブルから伸びていたりする。

言うまでもなく、すべてが演出。
オスマン帝国時代、禁酒政策に反対した庶民たちは使われなくなった酒蔵の地下でこっそり酒を楽しんだ。「マフセン」とは地下酒場やワインセラーの意。穴ぐらのような仄暗いドルジャマフセンは、500年以上前のトルコの地下に通じている。

©©2019 HIROMU INOUE
Top image: © 2019 HIROMU INOUE

おすすめ記事

他の記事を見る
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
「このピッツァのために、石神井に住める」。そう本気で思った。「ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ」は、東京都・練馬区にある名店だ。EUの条約で決まっ...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...