99%日本人客の「本場タイの味」@阿佐ヶ谷

99%日本人客の「本場タイの味」@阿佐ヶ谷

未開拓のタイ料理店を訪れるとき、在日タイ人行きつけの店と聞くだけで、無条件に期待は膨らむもの。けれどオススメする阿佐ヶ谷「ピッキーヌ」を訪れるタイ人はほとんどいない。9割9分が日本人客だ。

供されるのは、日本人が食べて感動するタイの味。といってもアレンジじゃない。本場のタイ料理のなかから、僕らの味覚が受け入れるであろう味を厳選しているのだ。すなわち、日本人のためのタイ料理専門店ということになる。

都内でここだけ
苦くて臭い「サトー豆」のカレー

©2019 HIROMU INOUE

「サットー」1200円(税込)。大は2000円(税込)。

例えば、この「サットー」。タイの南部でとれるサトー豆を使った珍しいレッドカレーだ。

主役は豆。色味やカタチだけならそら豆。けれど噛めば苦味と独特の匂いを放つ。納豆やブルーチーズのような発酵臭ではなく、パクチーやニラといった大地の香気に近い。そこに山菜を口にしたときのほろ苦さが加わる。

そんなサトー豆がレッドカレー用に挽いた自家製ペーストにも、濃厚なココナッツミルクにも負けない衝撃を与える。どこまでもマイルドで、しっかりと辛い。白米と馴染ませれば、いくらでも喉を通ってしまう。

最初っからサットーをうまい!と脳が理解するのは難しい。それが二度三度、注文をくり返すうち、次第に苦味と匂いに脳内麻痺が生じてくる。そこから先はもう虜。ピッキーヌに通う価値はこれだけでも十分にある。

タイ周遊気分を味わう
850円のランチセット

©2019 HIROMU INOUE

「カウソイ」と「大根もち」のランチセット850円(税込)。カウソイ単品は600円(税込)。

昼に訪れるピッキーヌも格別。バリエーションもボリュームも大満足のランチセットは、6種の麺類と6種の小皿料理からチョイスが可能。

一押しは「カウソイ」だ。レッドカレーのサットーとはひと味違うマイルドなカレースープが、揚げと茹で、食感の異なる2つの麺と絡みあう。丼が裏がえる最後の一滴まですすれば、チェンマイの屋台へとトリップしそうになる。

その日の気分や空腹具合によって刺激のあるもの、そうでないもの、甘さ、辛さ、酸味を自在に組み合わせて食せば、コスパだけじゃない36通り以上の満足感を得られるはずだ。

日本人による、日本人のための
タイ料理の真意

「シェフと話ができなかったり、特別のオーダーにも応えてくれない。きっとつまらないんでしょう」。オーナーであり“料理を選ぶ人”は、タイ人客の少ない理由をこう分析する。だが、どちらも固く禁じているのにはワケがあった。

シェフが変われば味が変わるように、お客の嗜好に合わせ過ぎても味に統一感は生まれない。なにより、アレンジはコンセプト自体を崩すことになる。
“料理を選ぶ人”とそのパートナー“料理を創る人(バンコク出身)”は、タイ人シェフに依存する料理ではなく、夫婦のフィルターを通した本場タイの味を堅持する。

「今でも厨房に立ち、毎日味をチェックするのはそのためです」。目まぐるしく変化する飲食業界にありながら、開店以来、味もメニューも変えず頑なに30年。こちらの味覚のチューニングを図る意味でも、ピッキーヌは定点観測的に訪れる価値のある店だ。

©2019 HIROMU INOUE
©2019 HIROMU INOUE

「ピッキーヌ」

TEL:03-3336-6414
営業時間:11:00〜15:00、17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:火曜
HP:http://thai-restaurant-plikk-kee-noo-asagaya.com/

Top image: © 2019 HIROMU INOUE

おすすめ記事

他の記事を見る
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
甘さを逆手に利用してつくるタイ風の甘々アイスティーのグラニテ(氷菓子)で、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!
NY店は2016年のミシュラン1つ星を獲得 代々木に日本初上陸したスパイシーな本格タイレストランSomtum Der TOKYO〒151-0053 東京都...
タイ・チェンマイにある、学校「Panyaden International School」のなかにつくられた体育館は、地球環境やそこで学ぶ子どもたちへの影...
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。