初心者にもできる、タイ料理の「飾り切り」

タイ料理屋さんでよく見かける、果物や野菜に装飾的な彫刻を施す「カービング」。タイの伝統芸術のひとつで、宮廷料理には欠かせません。
 
現地の中学校などでは、伝統文化を学ぶため、授業でカービングを習う機会もあるのだそう。最近では日本でもカービング教室が開かれたり、競技会が開催されたりしているそうですよ。
 
デザインのモチーフは、花や葉、鳥、魚など、自然のもの。たとえば、このスイカ。細かく施された繊細なデザインは、まさに食べるアート。

サラダのアクセントは
おもてなしの心を表現

©2018 Seiji Nomura
©2018 Seiji Nomura
形だけではなく、果肉と皮の色をうまく活用して、彫られています。それも、下書きなしで一気に彫り上げているんですって。
 
さすがにこのスイカのようなカービングは難しすぎるけれど、『タイ料理大全』(誠文堂新光社)では、身近な野菜を使って初心者でも簡単にマネできる方法を紹介しています。
 
そのなかから、パーティー料理のアクセントとしてぜひマネしてみたいアイデアを3つご紹介!

01.
<初級編>
ミニトマトのチューリップ飾り

©2018 Seiji Nomura
©2018 Seiji Nomura

【1】へたを取り、自立できるように底を切る。へたの反対側の先から、果肉と種の部分を分けるように十字に切り込みを入れる。

【2】種の部分が花芯、外側の皮と果肉の部分が花びらになるように手で開く。

あの細かく彫られたスイカを見たあとだと、こんなに簡単でいいの?と思ってしまうけれど、これも立派なカービング。プチトマトをサラダに入れるなら、このチューリップ飾りで友達をあっと言わせましょう。

02.
<初級編>
小松菜の小花飾り

©2018 Seiji Nomura
©2018 Seiji Nomura
【1】小松菜の根元の部分を、内側に向かって短くなるように斜めに切る。
 
【2】花の形になるように、形を調整しながら切る。

普段は捨ててしまう小松菜の根元部分。せっかくなら捨てずにアレンジ!サラダはもちろん、肉料理などのメインの脇にちょこんと乗せれば、一気に華やかになりますよ。

03.
<中級編>
長ネギの南国風の花飾り

©2018 Seiji Nomura
©2018 Seiji Nomura

【1】長ネギの青い部分約8cmを用意し、下約3cmを残して3等分に縦に切り込みを入れる。

©2018 Seiji Nomura

【2】切り込みを入れた部分を葉の形になるように周囲をキザキザに切る。

©2018 Seiji Nomura
© 2018 Seiji Nomura

【3】長ネギの白い部分7〜8cmを用意し、外皮を1〜2枚むく。下約3cmを残して縦に細かく切り込みを入れる。

©2018 Seiji Nomura

【4】切り込みを入れた部分を形よく広げる。

一人で食べるだけなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やっぱりおもてなしの心を込めた美しいひと皿に仕上げたい。みんなでシェアするひと皿に想いを込めて。さあ、料理の時間ですよ。

Top photo: © 2018 Seiji Nomura
Licensed material used with permission by 誠文堂新光社

関連する記事

近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
福島県の事業者マッチングを支援する「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」が「ふくしまのウェルネスフード」シリーズを企画した。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...