初心者にもできる、タイ料理の「飾り切り」

タイ料理屋さんでよく見かける、果物や野菜に装飾的な彫刻を施す「カービング」。タイの伝統芸術のひとつで、宮廷料理には欠かせません。
 
現地の中学校などでは、伝統文化を学ぶため、授業でカービングを習う機会もあるのだそう。最近では日本でもカービング教室が開かれたり、競技会が開催されたりしているそうですよ。
 
デザインのモチーフは、花や葉、鳥、魚など、自然のもの。たとえば、このスイカ。細かく施された繊細なデザインは、まさに食べるアート。

サラダのアクセントは
おもてなしの心を表現

5248183915511808
©2018 Seiji Nomura
5380002501623808
©2018 Seiji Nomura
形だけではなく、果肉と皮の色をうまく活用して、彫られています。それも、下書きなしで一気に彫り上げているんですって。
 
さすがにこのスイカのようなカービングは難しすぎるけれど、『タイ料理大全』(誠文堂新光社)では、身近な野菜を使って初心者でも簡単にマネできる方法を紹介しています。
 
そのなかから、パーティー料理のアクセントとしてぜひマネしてみたいアイデアを3つご紹介!

01.
<初級編>
ミニトマトのチューリップ飾り

6009739733368832
©2018 Seiji Nomura
4678941700784128
©2018 Seiji Nomura

【1】へたを取り、自立できるように底を切る。へたの反対側の先から、果肉と種の部分を分けるように十字に切り込みを入れる。

【2】種の部分が花芯、外側の皮と果肉の部分が花びらになるように手で開く。

あの細かく彫られたスイカを見たあとだと、こんなに簡単でいいの?と思ってしまうけれど、これも立派なカービング。プチトマトをサラダに入れるなら、このチューリップ飾りで友達をあっと言わせましょう。

02.
<初級編>
小松菜の小花飾り

4820428929368064
©2018 Seiji Nomura
4693441510375424
©2018 Seiji Nomura
【1】小松菜の根元の部分を、内側に向かって短くなるように斜めに切る。
 
【2】花の形になるように、形を調整しながら切る。

普段は捨ててしまう小松菜の根元部分。せっかくなら捨てずにアレンジ!サラダはもちろん、肉料理などのメインの脇にちょこんと乗せれば、一気に華やかになりますよ。

03.
<中級編>
長ネギの南国風の花飾り

5462756052434944
©2018 Seiji Nomura
5383636043956224
©2018 Seiji Nomura

【1】長ネギの青い部分約8cmを用意し、下約3cmを残して3等分に縦に切り込みを入れる。

5983808063012864
©2018 Seiji Nomura

【2】切り込みを入れた部分を葉の形になるように周囲をキザキザに切る。

5913566825676800
©2018 Seiji Nomura
© 2018 Seiji Nomura

【3】長ネギの白い部分7〜8cmを用意し、外皮を1〜2枚むく。下約3cmを残して縦に細かく切り込みを入れる。

4892975758835712
©2018 Seiji Nomura

【4】切り込みを入れた部分を形よく広げる。

一人で食べるだけなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やっぱりおもてなしの心を込めた美しいひと皿に仕上げたい。みんなでシェアするひと皿に想いを込めて。さあ、料理の時間ですよ。

Top photo: © 2018 Seiji Nomura
Licensed material used with permission by 誠文堂新光社
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
卵の風味を味わいながら、つるんとした喉越しを楽しむ茶碗蒸し。でも、自分で作ろうと思うと、これがなかなかの面倒ゴト。ならばこちらはどうでしょう。蒸し器がなく...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
タイで撮影された超古典的な建築方法・・・、杭の上に大勢で乗り、リズムに合わせて踏み込む。とてもアナログなやり方なんだけど、そのリズムがかっこ良すぎる! /...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
甘さを逆手に利用してつくるタイ風の甘々アイスティーのグラニテ(氷菓子)で、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。