暑い日にぴったり!ゴハンになるタイ風ひき肉サラダ

タイの東北エリア、イサーン地方で親しまれる家庭料理「ラープガイ」は、さっぱりとした「鶏ひき肉のサラダ」。おなじみのナンプラーやパクチーで味付けをすれば、あっという間に真夏をスカッとさせてくれる前菜の完成です。

Food52」のAlexandra Staffordさんが参考にしたレストランでは、トーストした米粉を添えているそうですが、このレシピは米粉抜きのちょっぴりカロリーオフバージョンです。

ラープガイ・サラダ
(タイ風ひき肉サラダ)

Photo by Alexandra Stafford

このレシピは、カリフォルニア州エメリービルにある〈サマー・サマー・タイ・イータリー〉のラープガイにインスピレーションを受けたもの。2週間ほぼ毎日これを食べ続けましたが、一切飽きませんでした。

フレッシュで軽め、でも満腹感はしっかり。トーストした米粉が添えられている同店のラープガイは、とてもおいしい!のですが、私の自家製ラープガイは米粉抜きバージョン。

ハーブやエシャロット、春玉ねぎ、ライムドレッシングを加えれば十分味が出ます。玄米とレタスと一緒に出すのは、お店のそれ(それからその他タイ料理屋さんも)と同じです。

レシピは「Bon Appétit」より引用し、独自のアレンジを加えています。

材料(4人分)

Photo by Alexandra Stafford

鶏の挽き肉:450g

ライム果汁:1/3カップ(大体2個)

ナンプラー:大さじ2と小さじ2

砂糖:小さじ1と1/2

春玉ねぎ(薄くスライス):1カップ

エシャロット(薄くスライス):3/4カップ

唐辛子(薄くスライス/タイ・バード、セラーノ、ハラペーニョなど):大さじ1(お好みで加減)

パクチー(みじん切り):1/2カップ

ミント(みじん切り):1/4カップ

ロメインレタス、リトルジェム、もしくはボストンレタス:適量

炊きたてのご飯:適量

作り方

【1】鶏と1/4カップの水を大きなフライパンに入れて、中火にかける。適度に混ぜながら、大きな鶏のかたまりを崩して、しっかり火を通らせる(約8分)。茶色くさせないようにするには弱火に。

【2】ライム果汁、ナンプラー、砂糖を小さなボウルに入れて、砂糖が完全に溶けるまで混ぜ、できたら横に置いておく。

【3】春玉ねぎ、エシャロット、唐辛子をフライパンに入れて、野菜がやわらかくなり、ほとんどの水が蒸発するまで3〜4分調理。できあがったら火から外す。ソース、パクチー、ミントを入れて、具材とよく絡まるまで混ぜる。

【4】できあがったラーブは、レタスと炊きたてのお米とともにサーブする。

Photo by Alexandra Stafford
Photo by Alexandra Stafford
Licensed material used with permission by Food52
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
甘さを逆手に利用してつくるタイ風の甘々アイスティーのグラニテ(氷菓子)で、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。