暑い日にぴったり!ゴハンになるタイ風ひき肉サラダ

タイの東北エリア、イサーン地方で親しまれる家庭料理「ラープガイ」は、さっぱりとした「鶏ひき肉のサラダ」。おなじみのナンプラーやパクチーで味付けをすれば、あっという間に真夏をスカッとさせてくれる前菜の完成です。

Food52」のAlexandra Staffordさんが参考にしたレストランでは、トーストした米粉を添えているそうですが、このレシピは米粉抜きのちょっぴりカロリーオフバージョンです。

ラープガイ・サラダ
(タイ風ひき肉サラダ)

6607617065484288
Photo by Alexandra Stafford

このレシピは、カリフォルニア州エメリービルにある〈サマー・サマー・タイ・イータリー〉のラープガイにインスピレーションを受けたもの。2週間ほぼ毎日これを食べ続けましたが、一切飽きませんでした。

フレッシュで軽め、でも満腹感はしっかり。トーストした米粉が添えられている同店のラープガイは、とてもおいしい!のですが、私の自家製ラープガイは米粉抜きバージョン。

ハーブやエシャロット、春玉ねぎ、ライムドレッシングを加えれば十分味が出ます。玄米とレタスと一緒に出すのは、お店のそれ(それからその他タイ料理屋さんも)と同じです。

レシピは「Bon Appétit」より引用し、独自のアレンジを加えています。

材料(4人分)

4812102497730560
Photo by Alexandra Stafford

鶏の挽き肉:450g

ライム果汁:1/3カップ(大体2個)

ナンプラー:大さじ2と小さじ2

砂糖:小さじ1と1/2

春玉ねぎ(薄くスライス):1カップ

エシャロット(薄くスライス):3/4カップ

唐辛子(薄くスライス/タイ・バード、セラーノ、ハラペーニョなど):大さじ1(お好みで加減)

パクチー(みじん切り):1/2カップ

ミント(みじん切り):1/4カップ

ロメインレタス、リトルジェム、もしくはボストンレタス:適量

炊きたてのご飯:適量

作り方

【1】鶏と1/4カップの水を大きなフライパンに入れて、中火にかける。適度に混ぜながら、大きな鶏のかたまりを崩して、しっかり火を通らせる(約8分)。茶色くさせないようにするには弱火に。

【2】ライム果汁、ナンプラー、砂糖を小さなボウルに入れて、砂糖が完全に溶けるまで混ぜ、できたら横に置いておく。

【3】春玉ねぎ、エシャロット、唐辛子をフライパンに入れて、野菜がやわらかくなり、ほとんどの水が蒸発するまで3〜4分調理。できあがったら火から外す。ソース、パクチー、ミントを入れて、具材とよく絡まるまで混ぜる。

【4】できあがったラーブは、レタスと炊きたてのお米とともにサーブする。

4590783101403136
Photo by Alexandra Stafford
5771384886132736
Photo by Alexandra Stafford
Licensed material used with permission by Food52
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
卵の風味を味わいながら、つるんとした喉越しを楽しむ茶碗蒸し。でも、自分で作ろうと思うと、これがなかなかの面倒ゴト。ならばこちらはどうでしょう。蒸し器がなく...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...